2016y05m31d_215941207

2016.夏ドラマ

はぴまり ドラマ 5話・6話・7話・8話 あらすじと感想


Sponsored Link

Sponsored Link

6月22日(水)毎週水曜(連続12話)よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信

プライム・ビデオはプレミアム会員であれば無料で見られます。(年/3900円)

キャスト

ディーン・フジオカ/清野菜名 白洲迅 篠田麻里子/温水洋一/近藤芳正/山崎銀之丞 鷲尾真知子/藤原紀香(友情出演) 小野武彦 他

はぴまり~Happy Marriage!?~ 1話・2話・3話・4話 あらすじと感想
はぴまり ドラマ 9話・10話・11話・12話 あらすじと感想

 

AMAZONオリジナル『はぴまり』 公式ツイッター

第5話 あらすじ 感想

5. episode5「お披露目の日」

ついに結ばれた北斗と千和。幸せな朝を迎えた千和に北斗は、社長就任パーティーで千和を妻として紹介すると言う。そんな中、間宮繊維の粉飾決算を自ら公表した件で、北斗は間宮家に呼び出される。重苦しい空気の中、「間宮グループの恥部を世間にさらした」と間宮家の人々に詰められる北斗。千和は、北斗と結婚したことを職場に伝えたが、そのことを黙っていた裕とは気まずい雰囲気に。一方で、「私からのはなむけ」と、お披露目で着用する千和のドレス選びを美咲がすることになり、千和と美咲は対話をする。しかし、話しをすればするほど美咲と北斗の親しい関係が分かり、千和は美咲に嫉妬する。そんな最中、北斗と千和の関係が週刊誌に抜かれてしまい、会長(林蔵)の判断で結婚の発表は中止と言われてしまう・・・


Sponsored Link

Sponsored Link

なんかいい感じの夫婦でスタート。「お前は俺の物」「俺はお前の物」。と一瞬「ジャイアンの名言か?」とかん違いしそうでしたが、藤原紀香の登場でキスはお預け。晩御飯は2人いっしょに食べられるず、お父さん(温水さん)と食べることに。しかし、お父さん役とはいえ、登場回数多いな。親子役だが、温水さんはもう、おじいちゃんにしか見えん。おじいちゃんと孫の2ショットみたいです。

粉飾決算って何?って会話がありましたね。いや何となくは分かるけど、というのが普通だと思います。仕事の話なんかしてもかみ合うわけもなく。シーンのたびにデスクトップのPCだったり、ノートPCだったり、いろいろあるな。

篠田麻里子は敵?味方? どちらにしろ、綺麗すぎて、怖いわ。

 

第6話 あらすじ 感想

6. episode6「夫の過去」

北斗の社長就任パーティーで結婚の報告をした北斗と千和。千和は、パーティーの準備をしてくれた美咲にお礼を言うが、美咲は「あなたのためじゃない、彼(北斗)のためにやったんです。」と冷たく言い放つ。一方、結婚を公にしたことで、千和は職場で、間宮グループの御曹司と結婚した人として法人営業も兼務することになり、退職を希望していた千和は戸惑う。そんな中、千和は偶然、週刊誌に北斗と美咲が交際しているという記事を目にし、ショックを受ける。千和は北斗に週刊誌の事を問い詰めるが、北斗は「(美咲とのことは)過去の事だ、今はビジネスパートナーというだけで個人的な感情はいっさいない」と、それ以上を語ろうとはしない。そんな千和の不安な気持ちを察してか、北斗は千和をデートに誘う。楽しい時間を過ごす二人だったが、美咲が二人の前に現れる。

千和は、美咲にお礼を言い、美咲は「あなたのためじゃない、彼(北斗)のためにやったんです。」と冷たく言い放つ場面で、千和は、「え?」みたいにな感じになるが、普通はそうじゃない?美咲が千和の為にやったっていう方がむしろし自然だと思いましたが。 まあ、美咲がなにか企んでるという演出はストレートな表現ですが。

千和は北斗の会社のビルに入ろうとするが、警備員に止められる。身分証がないと入れない。千和は適当に持っているカードを見せるが、警備員もこれポインドカードじゃないかと言いつつも何ポイント溜まってんの?とココのやり取りはくすっと笑えるところでした。

それから、もう6話になるけど、いまいち間宮一族の顔と系図が覚えられない。2人ぐらいは知ってる俳優、女優がいるが、他、知らない俳優なのでイマイチ、覚えにくいんだよね。毎回、スーパー出してほしい。「長男の嫁」とか。

そして北斗と千和のデート。水族館は定番ですね。のあとはプラレタリウム。デートにはベタですが、成功する確率高いらしいですよ。

第7話 あらすじ 感想

7. episode7「女の対決」

「すべて計算した上で動いている」と言う冷酷な北斗の言葉を聞いて、自分に対して愛情がないのでは?と不安になる千和。そんな折、北斗は千和の父・勇治に美咲との熱愛が載ってしまった週刊誌の件を謝罪し、お詫びにとお金を渡してしまう。一方、千和は、再び北斗の父・征司の見舞いへ行くが、美咲からの贈られたゴージャスな花があることに気づき、複雑な気持ちに。その日、千和は、北斗に対する不信感と、勇治への金銭の贈与にイライラが募り、北斗と言い合いになってしまう。そんなある日、間宮繊維が共同でプロジェクトを進めていたルネ・クレール社が経営破綻してしまい、北斗は窮地に追い込まれる。北斗と喧嘩をしていた千和だが、妙子のアドバイスで、寝食を忘れて仕事をしていた北斗のために差し入れをしようと会社へ行くが…。

禿部長。さすがに会話中にあんな頭、育毛用の何? なんていうアイテムなのかな? 失礼だろ? でも、ちょっとこのような「くすっ」と笑える場面を入れてくるところいいよね。

個人的には、温水さんがかなりの尺で出てくる場面は好きですね。あの役は温水さんしかできないよね。とかく、マッサージチェアを3時間占領する人とか、変な人のオンパレード。
.

第8話 あらすじ 感想

8. episode8「誕生日のできごと」

北斗に差し入れを届けに行った千和だが、そこへ美咲が現れ「私なら彼の役に立てる」と冷たく追い払われる。美咲のアイディアにより、ルネ・クレール社の経営破綻により被った損失を取り返せると北斗は確信するが、同時に千和の様子が気になる。そんな中、裕はでんかのヤマグチを退社し起業するという夢に向かって動き出す。その仕事を「一緒にやりませんか」と裕は千和を誘い、千和は引き受けることに。一方、北斗は美咲と取引先を回り、徐々に新しいビジネスに光明が見え始めるが、そんな折、裕と千和が二人で不動産屋にいるところを目撃する。「なんで男といるんだ」と怒る北斗。「答える必要ナシ」と千和は冷たく答え、さらに二人の溝は深まる。そして、千和は誕生日を迎えるが…。

.

sign54さん

北斗をめぐり千和と美咲のバトルがバチバチするとはいえ、千和の軽率すぎる行動が目に余る。一人暮らしの八神くん宅に誕生日に行くとか、八神くんの気持ちを分かってて寄りかかるところがあまりに若い〜と思わせて、少しイライラしてしまう。年収5000万の旦那をもてば仕事が忙しいのも、昔の彼女と仕事上の付き合いも仕方ないし、北斗が若い妻に振り回されて少し気の毒。クライマックスはまたあり得ない終わり方が少女漫画が題材とあって仕方ないのか、と思わせる。北斗と千和が結ばれるまでがアラフォーとしてはコミカルでドキドキ楽しかったけど後半は冷めつつある。少女漫画と割り切って楽しんではきたが少し無理がでてきたかな。ただただ、おディーン様の品のあるスーツ姿や仕草を楽しむのと千和役の清野菜々ちゃんの可愛いらしい2人の息の合った演技だけを楽しんでいる。

 

管理人

裕は千和を自分の部屋に呼ぶけど、結婚していて若い男の部屋にいくかね普通。しかも2人きり。まあ、裕は千和を起業に誘うていうのが目的だったんでしょうけど。

千和がいくら北斗に腹を立てているとはいえ、ヤマグチを退社し、他の仕事をするってのは北斗にはなすのが、普通でしょう。藤原紀香は北斗を諭していたけど、北斗の言い分が正しく思うのは男の目線だからでしょか?

はぴまり~Happy Marriage!?~ 1話・2話・3話・4話 あらすじと感想
はぴまり ドラマ 9話・10話・11話・12話 あらすじと感想


はぴまり~Happy Marriage!?~ 10 (フラワーコミックスアルファ)

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y06m09d_105137449
  2. 2016y06m09d_144008039

    2016.夏ドラマ

    OLですが、キャバ嬢はじめました 放送局 キャスト あらすじ 感想

    OLですが、キャバ嬢はじめましたMBS 6月19日(日)毎週日曜2…

  3. 2016y06m09d_001430347

    2016.夏ドラマ

    受験のシンデレラ キャスト あらすじ 感想 1話・2話・3話・4話

    受験のシンデレラ7月10日(日)22時~ BSプレミアム<49分・…

  4. 2016y06m08d_224355139

    2016.夏ドラマ

    はじめまして、愛しています。 キャストとあらすじと感想

    はじめまして、愛しています。7月14日 (木)21時~ テレビ朝日…

  5. 2016y05m05d_175714687

    2016.夏ドラマ

    神の舌を持つ男 感想 あらすじ キャスト・ゲスト 相関図

    神の舌を持つ男2016年7月8日(金)放送開始  TBS系列 金曜…

  6. 2016y06m03d_133401916

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP