2016y06m08d_224355139

2016.夏ドラマ

はじめまして、愛しています。 キャストとあらすじと感想


Sponsored Link

Sponsored Link

はじめまして、愛しています。

7月14日 (木)21時~ テレビ朝日

主演は尾野真千子

キャスト

作品の見どころと期待の声↓ 視聴者・コメントより

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想 7/14

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想 7/21

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 7/28

4話以降のあらすじは公式サイトにて

 

2016y06m08d_224355139

はじめまして、愛しています。公式サイト

はじめまして、愛しています。の後番組は ドクターX 外科医・大門未知子 シーズン4 米倉涼子

ドクターX 外科医・大門未知子 シーズン4 1話・2話・3話・4話 あらすじと感想

 

あらすじ

概要

尾野真千子と江口洋介の夫婦役、過酷な条件が課せられる特殊な養子制度を題材に、「本当の家族とは何か」という普遍的なテーマ。脚本は社会現象ともなった『家政婦のミタ』の遊川和彦。家族の形が見えにくくなっている現代だからこそ「家族で見てほしい」いまだかつてないホームドラマ。

キャスト

 

梅田美奈(うめだ・みな)(35)………尾野真千子

世界的に有名な指揮者を父に持つピアニスト。10年前に結婚し、自宅で子ども向けのピアノ教室を開きながら国際コンクールでの入賞を目指しているが、現在49連敗中。近々行われる年齢制限35歳のコンクールを最後にしようと決めている。夫の理解を得て、夢が実現するまでは子どもを作らないという道を自ら選択しながら、同年代の母親を見ると、自分は一体何者なのだと、若い頃に描いていた未来とかけ離れた現実につい自問自答をしてしまう日々。それでも人前で弱音を吐くことはなく、いつも笑顔を心がけている。だが、残念ながら子どもからは好かれず自分も苦手に思っている。そんな日常で溜まったうっぷんは、一人自宅の便器に向かい「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」と絶叫し発散。レモネード作りが得意。

2016y06m08d_221103949
公式プロフィール – TOM company
※尾野 真千子(おの まちこ、1981年11月4日)女優。主長161cm。映画 萌の朱雀(1997年11月1日、ビターズ・エンド) – みちる 役(主演)ドラマ Mother(2010年4月14日 – 6月23日、日本テレビ) – 道木仁美 役 MM9-MONSTER MAGNITUDE-(2010年7月7日 – 9月29日、毎日放送) – 朏万里 役(石橋杏奈とW主演)最高の離婚(2013年1月10日 – 3月21日、フジテレビ) – 濱崎結夏 役(真木よう子とWヒロイン)など

 

梅田信次(うめだ・しんじ)(45)………江口洋介

美奈の夫。近所の不動産管理会社勤務。稀に見るお人好しで損することもしょっちゅうだが、性格を改める考えはまったくない。また、すべての出会いや出来事には意味があると考えるたちで、たまたま目にした時計の数字や車のナンバーでゲンを担ぐことが大好き。根拠なく「運命」を主張する信次に妻の美奈はうんざりしているが、そんなことは意に介さない。父は他界。年老いた母は施設に入居。なにかと厄介ごとを持ち込んでくる妹弟がいるが、大きな問題とは思っていない。美奈と美奈のピアノを心から愛しているが、実はそんな美奈にも打ち明けていない家族の秘密を持っている。


Sponsored Link

Sponsored Link

2016y06m08d_222543649
江口洋介 | ORICON STYLE
※江口 洋介(えぐち ようすけ、1967年12月31日 )俳優、歌手。妻は歌手の森高千里。白い巨塔 – (2003年10月-)里見脩二 役 ひとつ屋根の下(1993年-) – 柏木達也 役 救命病棟24時シリーズ(1999年-) – 進藤一生 役 大河ドラマ(NHK)新選組!(2004年1月11日 – 12月12日) – 坂本龍馬 役 軍師官兵衛(2014年1月 – 12月) – 織田信長 役 2010年1月より『日経スペシャル ガイアの夜明け』で2代目案内人

 

男の子(5)

親に捨てられた子ども。突如、美奈と信次の前に姿を現す。心を閉ざし口も一切開かないので名前は不明。唯一、美奈のピアノにだけ反応を示す。

 

梅田巧(うめだ・たくみ)(37)………速水もこみち

信次の弟。定職に就かずフラフラしている。女性に貢がせては結婚詐欺で訴えられそうになったり、捨てた相手に追い回されたり、常に女性関係のトラブルに巻き込まれている。どうしようもないダメ人間だが、どこか愛嬌があり憎めない。結婚や家族制度に意味がないと考えており、生涯結婚しないと決めている。

2016y06m08d_222309632
速水もこみち オフィシャルサイト
※速水 もこみち(はやみ もこみち、1984年8月10日 俳優。2002年、テレビドラマ『逮捕しちゃうぞ』(テレビ朝日)佐伯もこみち役で俳優デビュー 2007年 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜(中川雅也) 2014年 大河ドラマ 軍師官兵衛(母里太兵衛) 地獄先生ぬ〜べ〜(玉藻京介) 2015年 37.5℃の涙(篠原健介)5→9〜私に恋したお坊さん〜(木村アーサー)ZIP!(2011年4月1日 – 、日本テレビ) – 「MOCO’Sキッチン」担当 ニンゲン観察バラエティ モニタリング(2014年2月27日 -、TBS) – 「ニッポン全国総モニタリング計画」コーナー など

 

不破春代(ふわ・はるよ)(40)………坂井真紀

信次の妹。8歳の娘に対し過干渉な親。夫に興味はなく、ある意味で娘に依存しながら生きている。人に取り付くのがうまく、美奈に母の見舞いの代行をさせることもしばしば。いいように美奈を利用しておきながら、血のつながらない子どもを養子にしようとする美奈に、お腹を痛めて産んだ本当の母親であることに自尊心と驕りを抱く。

2016y06m08d_223121451
所属事務所によるプロフィール
※坂井 真紀(さかい まき、1970年5月17日 )女優。十文字学園女子大学短期大学部卒。。所属事務所スターダストプロモーション。1992年デビュー、。4代目リハウスガール。NHK朝の連続テレビ小説 『ウェルかめ』(NHK大阪放送局)、2009年9月28日 – 2010年3月27日)- 須堂 啓 役 土曜ドラマ『破裂』(2015年10月10日 – 11月21日、NHK) – 松野公子 役 偽装の夫婦(2015年10月 – 12月、日本テレビ) – 名波八重子 役 2001年から放送のバラエティ番組『ココリコミラクルタイプ』には番組開始からレギュラー。

 

堂本真知(どうもと・まち)(57)………余 貴美子

児童福祉司の資格を持つ児童相談所のベテラン職員。梅田夫妻に、男の子を養子にできるかどうか審判を下す重要人物。何を考えているのか心の在りどころがわからない不気味さを漂わせているが、すべての言動の裏には彼女なりの意図が存在している。

2016y03m15d_144202216
所属事務所プロフィール
※余貴美子(1956年5月12日)女優。台湾人の父と、日本人の母親のハーフ。連続テレビ小説 ちゅらさん(2001年 – )‐ 池端(柴田)容子 役、大奥〜華の乱〜(2005年)‐ 音羽 役・ナレーションも担当、 龍馬伝(2010年) – 大浦慶 役 ナイトヒーローNAOTO (2016.4-)権田薫子役など

 

追川真美(おいかわ・まさよし)(70)………藤 竜也

美奈の父。世界的に有名な指揮者。音楽に向かう愛情は常軌を逸していて、家族を顧みず社会常識は欠如。娘の美奈とも親子とは思えぬ距離を置き、夫である信次のことは名前すら覚えていない。幼いころの美奈にとっては音楽が唯一、そんな父と自分を結びつけるものだった。その呪縛は今も美奈を苦しめている。

2016y06m08d_223703726
藤竜也エージェンシー オフィシャルウェブサイト
※藤 竜也(ふじ たつや、、1941年8月27日 )俳優。藤竜也エージェンシー所属。日本大学芸術学部演劇学科卒業。妻は元日活女優の芦川いづみ。大学在学中にスカウトされ日活に入社、1962年映画『望郷の海』でデビュー。70年代前半までは凶悪犯や用心棒などの悪役・敵役を演じる機会も多かった。 放送90年 大河ファンタジー / 精霊の守り人(2016年放送、NHK) – チャグムの父親など

 


作品の見どころと期待の声 視聴者・コメントより

mulandさんより

このドラマで期待することといえば、主演の二人というよりもどちらかというと速水もこみちさんと坂井真紀さんが大好きなのでこの二人の演技です。もこみちさんは二時間ドラマの浅見光彦役で知って以来大ファンですが、今回はダメ人間だけどなぜか憎めない役柄ということで浅見光彦役と少し似ているところも見てみたいですし、演技力に期待したいです。坂井真紀さんは子供に干渉しすぎる母親という役で私も同世代の母として坂井さんの演技が気になります。

あらすじ

第1話 あらすじ

自宅でピアノ教室を開いている梅田美奈(尾野真千子)のもとに、新しい生徒が母親とともにやってくる。だが、子どもの様子から音楽が好きではないと察した美奈は、「無理にやらせても上達しない」と、子どもの興味を引く特段の努力もせずあっさりとレッスンを終了。期待を裏切られた思いの母親は、「有名指揮者の娘だって聞いたから来たのに!」との捨て台詞を美奈に浴びせ、怒りもあらわに子どもを連れ帰ってしまう。反論せず、ただ頭を下げ親子を見送った美奈は、そのままトイレに駆け込む。
「ああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!」
便器に向かってうっぷんを吐き出す美奈。これが、誰も知らない美奈の日常だ。

その晩、美奈は帰宅した夫の信次(江口洋介)から、近所でゴミ箱をあさるなど不審な生き物が出没するとの噂を聞かされる。変質者か、危険な動物か分からないというが、そんなことよりも今、美奈が案じなければいけないのは近々ある国際コンクールのことだ。10代の頃から夢見ているコンクールでの入賞。これまで49連敗で35歳を迎えてしまった美奈は、年齢制限のあるコンクールへの出場は今回が最後だと決めていた。

そんな覚悟で美奈がピアノの練習をしている最中に、夫が言っていた不審なものが自宅の庭に侵入する。恐る恐るその正体を確かめると、それは予想だにしなかった幼い男の子だった!
服も体も汚れ、無表情で何もしゃべらない男の子の素性は何一つ分からない。ただ、美奈の差し出したドーナツをむさぼる様子から、空腹であるということだけが分かる。
その後、男の子は親から虐待を受けていたことが判明。その親もこの一カ月以上、姿が確認されないことから、男の子は養護施設に入ることになる。

それから数日後、その男の子が、どういうわけか再び梅田家の庭に姿をあらわす。いまだ何も語らず、名前すら分からないという男の子が、二度も自分の家にやってきたことに運命めいたものを感じた夫は、密かに特別養子縁組について調べ始める…。

yumirinさん

第1話はとても大切。それによってこのドラマにどれだけ引き込まれていくかの決め手となる。私にとってこのドラマは2話もみようという気持ちにさせるドラマだった。連ドラに出演しているのをみるのは久しぶりの江口洋介。あたかも「ひとつ屋根の下」のあんちゃんが年取ったかのような役どころ。シリアスな彼もよいが私はこんな人のよい役のほうが好き。尾野真千子はこのドラマのためにピアノをかなり練習したとのこと。これからその成果をみせてくれるのか楽しみ。そして子役の男の子がいつしゃべってくれるのかもさらに奇跡を起こしてくれるのを期待する。脇役であるが江口の兄弟である速水もこみち、坂井真紀がこの男の子とどんな関わりを持っていくのかも今後楽しみ。

第2話 あらすじ

育児放棄された男の子の親になると決め、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が特別養子縁組の申請をしてから3カ月、二人は堂本真知(余貴美子)からの電話を落ち着かない気持ちで待っていた。今日は二人が里親として適格かどうかの判定が下される運命の日なのだ。

この3カ月、二人は里親資格を得るためにさまざまな研修を受けてきた。子どもが苦手な美奈は養育実習に四苦八苦。面接では隠しておきたかった持病の告白を余儀なくされ、家庭訪問では梅田巧(速水もこみち)の前科が疑われるなど、真知による身辺調査は微に入り細に入り、時に二人の関係をぎくしゃくさせた。特に、それぞれの親の問題は美奈と信次に大きくのしかかる…。

やっとの思いで書類の提出にまでこぎつけた二人。あとは結果を待つのみだったが、信次は真知に無理を言って男の子との面会を果たすと、今度は男の子に美奈のピアノをもう一度聴かせたいと懇願。その熱意にほだされたのか、真知は規則を曲げて男の子に外出許可を出す。

門限は6時。それを過ぎれば里親申請も認められなくなる。真知の言いつけを肝に銘じ、男の子と養護施設を出る美奈と信次。その時、二人は、いまだひと言も話さず誰が近づいても逃げるだけという男の子と、手をつなぐことに成功する。気を良くした信次は、直接家に向かわず動物園に行くことを選択。それが大きな事件を巻き起こすとも知らずに…。

 

shinichiさん

今回も脚本家の遊川さんらしいコメデイなタッチの中に泣ける要素もあるドラマとなっています。 里親認定のための面接で、夫・梅田信次(江口洋介)の短所を延々と述べ続ける梅田美奈(尾野真千子)の姿にまず笑わされました。 その他、美奈の痔の告白など笑ってしまうシーンが随所にあります。 動物園で見失った子供を探している最中にピアノを発見する所では、「動物園でピアノ?」 と疑問に思いました。まあ、コメディテイストの作品だからいいかと納得しましたが(笑)。 子供が見つかって、子供が自分から美奈と信次の手を握るシーンでは、ほろりとさせられました。子供の心が美奈と信次を受け入れ始めた事を示しています。 問題を起こしながらも、晴れて里親認定となったのですが、次回からが大変そうだと思いました。

第3話 あらすじ

特別養子縁組に向けた里親認定の許可が正式に下り、梅田美奈(尾野真千子)と梅田信次(江口洋介)が男の子(横山歩)を家に迎える日がやってくる。といっても、まだ二人が親として認められたわけではない。一緒に家庭生活を送る中で、適切な親子関係が築かれたと裁判所が判断して初めて、戸籍上正式な親子になるための手続きが取られるのだ。

「これからの方がもっと大変」。堂本真知(余貴美子)の言葉を思い出し、気持ちを引き締める美奈。しかし、過食や偏食といった里親の愛情を図る子どもの“試し行動”は、ほぼ100パーセントの確率で現れると改めて聞かされ、つい不安が顔に出てしまう。

一方の信次は朝から興奮状態。美奈をいつもの根拠のない語呂合わせで励ましつつ、いまだ名前が分からない男の子に新しい名前を授けるといって、隠し玉のように用意してきた名前を披露する。美奈も知らされていなかったその名前とは…。

男の子は、梅田家に来てからも無言のままだったが、心配していた試し行動もなく、拍子抜けするほど穏やかな日々が過ぎていく。ところが…
三日目にしてついに嵐が襲来。美奈、絶叫の日々が幕を開ける!!

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y06m13d_214635316

    2016.夏ドラマ

    営業部長 吉良奈津子 キャスト あらすじ 感想 主演・松嶋菜々子

    営業部長 吉良奈津子7月21日 木曜日22時~ フジテレビ…

  2. 2016y06m10d_144352881

    2016.夏ドラマ

    そして、誰もいなくなった キャスト あらすじ 感想 主演・藤原竜也

    そして、誰もいなくなった7月17日 20:30~ 日曜日 日本テレ…

  3. 2016y05m10d_235039678

    2016.夏ドラマ

    水族館ガール 1話・2話・3話 あらすじと感想

    nhk総合 2016年6月17日(金) 放送スタート 毎週 22時~【…

  4. 2016y06m12d_223215666

    2016.夏ドラマ

    夏目漱石の妻 キャスト あらすじ 感想 1話2話3話4話(全4話)

    夏目漱石の妻2016年9月下旬 毎週土曜日 21時~10時13分【…

  5. 2016y05m29d_205113762

    2016.夏ドラマ

    グーグーだって猫である2 キャストとあらすじ 1話・2話・3話・4話・5話

    グーグーだって猫である2WOWOW 2016年 6月11日 土曜日…

  6. 2016y06m09d_144008039

    2016.夏ドラマ

    OLですが、キャバ嬢はじめました 放送局 キャスト あらすじ 感想

    OLですが、キャバ嬢はじめましたMBS 6月19日(日)毎週日曜2…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
  1. 2015y09m27d_101435534

    じゅん散歩

    じゅん散歩 「錦糸町・両国・江東区住吉・本所吾妻橋・江東区大島」 6/27-7/…
  2. 2015y09m27d_101435534

    じゅん散歩

    じゅん散歩 「佃島・月島・月島の路地・勝どき・中央区明石町 」 2/8-2/12…
  3. 2016y10m11d_082941487

    2016.秋ドラマ

    山女日記  キャスト・ゲスト あらすじと感想 1話2話3話
  4. 2015y12m10d_152627743

    健康・医療

    アカモク 栄養価が高い海藻!食べ方やレシピ、販売店は?
  5. 2016y10m11d_001512191

    2016.秋ドラマ

    コピーフェイス 消された私 ネタバレ キャスト あらすじと感想
PAGE TOP