2016y02m26d_091552761

2016.春ドラマ

99.9―刑事専門弁護士― キャスト・ゲスト・あらすじ・感想 主演 松本潤


Sponsored Link

Sponsored Link

99.9―刑事専門弁護士―

日曜劇場 2016年4月17日 21時 放送スタート TBS系

主演は嵐の松本潤。 日曜劇場では初主演となる。松本潤が演じるのは超型破りな弁護士役。刑事事件の裁判有罪率は99.9%――絶対、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求する。

連続ドラマ史上初となる刑事専門弁護士たちが難事件に挑む姿を痛快に描くドラマ。

作品の見どころと期待の声↓ 視聴者・コメントより

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 4/17

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 4/24

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 5/1

第4話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 5/8

第5話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想2有 5/15

第6話 ゲスト出演者/ あらすじ↓  感想有  5/22

第7話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 5/29

第8話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 6/5

第9話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 6/12

第10話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 最終話 6/19

後番組は 仰げば尊し 寺尾聰主演

仰げば尊し キャスト・あらすじ・感想

 

※感想はコメントにて随時募集中! 話数もしくは放送日を記載して頂ければ助かります。

99.9%の意味

99.9%の数字の意味は、日本の刑事事件における裁判有罪率(起訴された際に、裁判で有罪になる確率)。世界一の有罪率を誇っており、日本の司法制度の高い信頼性の証明とも言える。しかし、一旦起訴されると、検察の考えたストーリーが正しいと鵜呑みにされがちで、そこが大きな落とし穴なる可能性もある。
また、刑事事件を専門に扱う弁護士の数も極端に少ない為、丁寧に検証することは極めて困難となってしまう。

このドラマは、最後の0.1%まで諦めず、事実を追い求めていく姿を描いた物語。

主題歌

嵐の新曲 「Daylight

発売日 2016年5月18日 (水)
タイトル I seek / Daylight
アーティスト

2016y02m26d_091552761
99.9―刑事専門弁護士― 公式サイト

 

キャスト

深山大翔 みやまひろと(松本潤)
お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。「肝心なのは調書より事実。99.9%有罪が確定していても、0.1%に事実が隠されているかもしれない」が信念。日本4大法律事務所の1つの事務所。所長・斑目春彦(岸部一徳)からヘッドハンティングされる。

※松本 潤(まつもと じゅん、1983年8月30日生まれ)歌手、俳優、タレント、アイドルグループ嵐のメンバー。愛称は「松潤」(まつじゅん)。2001年7月14日、『金田一少年の事件簿』金田一一 役でテレビドラマ初主演。2010年7月フジテレビ系月9ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』に主演。嵐では初の月9枠主演、出演となる。2012年1月ドラマ『ラッキーセブン』で月9枠2度目の主演。2014年1月ドラマ『失恋ショコラティエ』で月9枠3度目の主演。他主演・出演多数。

 

佐田篤弘 さだあつひろ(香川照之)
斑目法律事務所の刑事事件専門チーム。深山大翔(松本潤)がバディを組むこととなる室長。大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。金にならない刑事事件には全く興味が無い。深山とは、真逆のスタンス。斑目春彦(岸部一徳)からは次期後継者と見込まれている。

2016y02m26d_093911571
TERUYUKI KAGAWA OFFICIAL SITE
※香川 照之(1965年12月7日生まれ)俳優、歌舞伎役者。1989年、NHK大河ドラマ『春日局』での小早川秀秋役で俳優デビュー。、この時期の代表作にオリジナルビデオ作品『静かなるドン』シリーズがある。ダブルフェイス& MOZU -高山亮介 役、半沢直樹(2013年、TBS) – 大和田暁 役など多数。 百合子さんの絵本〜陸軍武官・小野寺夫婦の戦争〜(2016年夏、NHK) – 主演・小野寺信 役が決まっている。

 

立花彩乃 たちばなあやの(榮倉奈々)
斑目(岸部一徳)の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入ることになってしまった弁護士。幼い頃から記憶力がよく、勉強もできたため、エリートの階段を躓くことなく昇ってきた優等生弁護士。
2016y02m26d_095009996

公式ウェブサイト プロフィール
※榮倉 奈々(1988年2月12日生まれ)女優、タレント、ナレーター、ファッションモデル。2002年、中学3年生の女性向けファッション誌『SEVENTEEN』の専属モデルになる。2006年、フジテレビのテレビドラマ『ダンドリ。〜Dance☆Drill〜』でドラマ初主演。その後、テレビドラマ・映画ともに主演を多数務める。映画は2016年5月と6月(前編・後編)64 -ロクヨン-(東宝) – 美雲 役で出演する。

 

丸川貴久 まるかわたかひさ (青木崇高)
深山大翔(松本潤)と敵対する検事。大友検事正(奥田瑛二)を師匠と仰いでいる。検察には正義のために入ったので、正義が裏切られる実状に徐々に疑念を抱いていく。
2016y02m26d_101120255
青木崇高 – スターダストプロモーション
※青木 崇高(あおき むねたか、1980年3月14日生まれ)2002年に映画『マッスルヒート』でデビュー。2006年、NHK土曜ドラマ『繋がれた明日』で初主演。2007年、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』に出演、ヒロインの兄弟子で結婚相手となる落語家・徒然亭草々役を演じブレイク。2010年、『龍馬伝』で大河ドラマに初出演し土佐藩士後藤象二郎を演じる。ドクターX〜外科医・大門未知子〜スペシャル (2016年、テレビ朝日) – 赤木源 役で出演予定。

 

大友修一 おおともしゅういち (奥田瑛二)
佐田が検察庁に勤めていた頃、佐田の能力を認め高く評価していた人物。
2016y02m26d_101725791
公式プロフィール
※奥田 瑛二(おくだ えいじ、1950年3月18日生まれ)代表作『金曜日の妻たちへIII 恋におちて』『男女7人夏物語』『金曜日には花を買って』など。大河ドラマ(NHK)は6度出演している。八重の桜(2013年) – 佐久間象山 役、花燃ゆ(2015年) – 玉木文之進 役 など

 

斑目春彦 まだらめはるひこ (岸部一徳)
斑目法律事務所の所長。一代で事務所を日本4大法律事務所の一つにまで育て上げた超やり手弁護士。

2016y02m26d_114232582

プロフィール

※岸部 一徳(きしべ いっとく1947年1月9日生まれ )俳優、ミュージシャン。元ザ・タイガース。『悪魔のようなあいつ』
『相棒』シリーズ(2002年 – 2010年、テレビ朝日) – 小野田公顕 役。医龍 -Team Medical Dragon-シリーズ(フジテレビ) – 野口賢雄 役 など

 

明石達也 あかしたつや (片桐仁)
2016y02m26d_102243885
トゥインクル・コーポレーションによるプロフィール
※片桐 仁(かたぎり じん、1973年11月27日 – )は、日本のコメディアン、俳優、彫刻家。(妻は元モデルでタレントの村山ゆき) コンビ名 ラーメンズ  シャキーン!(NHK教育) – ジュモクさんの声

藤野宏樹 ふじのひろき (マギー )
2016y02m26d_112615165
シス・カンパニーによる公式プロフィール
※マギー(1972年5月12日生まれ)俳優、脚本家、演出家。あまちゃん(2013年上半期、NHK) – 河島耕作 役。鼠、江戸を疾る(2014年1月 – 3月、NHK) – 定吉 役など

戸川奈津子 とがわなつこ (渡辺真起子)
2016y02m26d_112956737
所属事務所 ディケイド
※渡辺 真起子(わたなべ まきこ、1968年9月14日生まれ)女優、元ファッションモデル。○○妻(2015年1月 – 3月、日本テレビ) – 河西美登利 役。流星ワゴン(2015年1月 – 3月、TBSテレビ) – 永田 澄江(若年期)役など

落合陽平 おちあいようへい (馬場徹)
2016y02m26d_113209186
TORU BABA OFFICIAL SITE
※馬場 徹(ばば とおる、1988年6月17日生まれ)ウロボロス〜この愛こそ、正義。(2015年1月16日〜、TBS) – 神取一馬 役。無痛〜診える眼〜 (2015年10月7日 – 12月16日、フジテレビ) – 太田武司 役など。

志賀誠 しがまこと (藤本隆宏 )
2016y02m26d_113537485
藤本 隆宏 – 所属事務所プロフィール
※藤本 隆宏(ふじもと たかひろ、1970年7月21日生まれ)俳優。元競泳選手。元オリンピック選手という異色の経歴を持つミュージカル俳優。坂の上の雲(NHK) – 海軍中佐 広瀬武夫 役、JIN-仁- 完結編(2011年4月17日 – TBS) – 西郷隆盛 役、大河ドラマ『平清盛』(2012年、NHK) – 伊藤忠清 役大河ドラマ『真田丸』(2016年1月 – 、NHK) – 堀田作兵衛 役 など。


Sponsored Link

Sponsored Link

佐田由紀子  さだゆきこ … (映美くらら)
2016y03m20d_215111327
所属事務所 公式プロフィール
※映美 くらら (えみ くらら、1979年6月15日 )女優。元・宝塚歌劇団月組トップ娘役。『イッピン』(NHK BSプレミアム) – リポーター (2013-2015)『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』(2015年4月14日 – 6月16日、TBS) – 山川真美子 役など。

坂東健太 ばんどうけんた… (池田貴史)
2016y03m20d_215530625
うぇぶ城 – レキシ・池田貴史 公式サイト
※池田貴史 ミュージシャン 1997年に活動開始、2007年にメジャーデビュー。テレビドラマは歴史カクテル(2014年10月8日)- 流しのミュージシャン 役(フジテレビ)で出演歴がある。

可奈子 … (岸井ゆきの)
2016y03m20d_215920320
岸井ゆきの – 所属事務所・ユマニテによるプロフィール
※岸井 ゆきの(1992年2月11日 – )女優 小公女セイラ(2009年10月17日 – 12月19日、TBS) – 桜井ナナ 役 でデビュー。Q10(2010年10月16日 – 12月11日、日本テレビ) – 岡崎明日香 役


作品の見どころと期待の声 視聴者・コメントより

嵐・松本潤さん主演の法廷ドラマです。タイトルとなっている99.9とは,日本における刑事事件裁判の有罪率。起訴されるとほぼ有罪となってしまう現状において,わずかな不確定要素をも追求し,納得の判決へと導く熱き若手弁護士を熱演します。敵対する仲間達の中で,0.1%の真実にたどりつくことができるのでしょうか。脇を固めるの俳優陣も香川照之さん,藤本隆宏さん,奥田瑛二さん,岸部一徳さんらのベテラン陣がしっかりとバックアップ。期待を裏切らない社会派ドラマです。

あらすじ

第1話あらすじ

深山大翔 (松本潤) は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士。ある日、何度も無罪を勝ち取っている実績を買われ、日本4大法律事務所の1つ、斑目法律事務所の所長・斑目春彦 (岸部一徳) からヘッドハンティングされる。

社会貢献の名目で新設された斑目法律事務所の刑事事件専門チームにパラリーガルの 明石達也 (片桐仁) とともに移籍した深山であったが、バディを組むはずの室長・佐田篤弘 (香川照之) は、大企業の顧問弁護士を務め巨額の利益をもたらしてきた民事のトッププレーヤー。斑目から1年後のマネージングパートナー昇格を条件に出され、渋々異動を了承したものの、金にならない刑事事件には全く興味がない様子だ。さらにチームのもう一人の弁護士である 立花彩乃 (榮倉奈々) も、斑目の命により、これまでの業務とは全く畑違いの刑事事件ルームに嫌々入ることになってしまった弁護士だった。

そんなチームのもとへ殺人事件の弁護依頼が舞い込む。依頼人の赤木義男は運送業の経営者で、流通業界の風雲児としてメディアを賑わせたネットショップ社長が殺害された事件の殺人容疑として逮捕されたが、本人は酒に酔っていて事件当日の記憶がなく、事件の関与を否定。無実を訴えている。しかし、検察庁の調べによると、指紋のついた凶器や防犯カメラの映像などの物的証拠に加え、容疑者の赤木は被害者から仕事の契約を一方的に打ち切られており動機も充分。まさに赤木が犯人である条件が揃っていた。

検察は有罪確実な案件しか起訴しないから日本の刑事事件は起訴されると 99.9% 有罪になる。検事出身の佐田は、容疑者に罪を認めさせ反省を示した上で情状酌量を探る道を探すのが弁護士の仕事だと深山に促す。だが、深山は 「肝心なのは調書より事実。99.9% 有罪が確定していても、0.1% に事実が隠されているかもしれない」 と諦めない。そして、事件の状況を丁寧に検証する深山の頭には、ある可能性が浮かんでくる。その可能性を探るためには、佐田の力が必要になるが…。
果たして、深山たちは事件の真相を明らかにすることができるのか?

ゲスト

赤井英和
2016y04m17d_224017874
赤井英和公式ホームページ
※赤井 英和(あかい ひでかず、本名同じ、1959年8月17日 – )は、日本の俳優、タレント。元プロボクサー。通称 浪速のロッキー。大河ドラマ(NHK)秀吉(1996年) – 石川五右衛門 役。坂の上の雲(2011年、NHK) – 鈴木貫太郎 役 半沢直樹 第1部(2013年7月 – 8月、TBS) – 竹下清彦 役 など

堀内敬子
2016y03m02d_175557500
公式プロフィール – キューブ
※ 堀内 敬子(1971年5月27日)1990年に関東国際高校演劇科を卒業後、劇団四季附属研究所入所。1991年に『ミュージカル李香蘭』で初舞台。 ショムニ2013(2013年7月10日 – 9月18日、フジテレビ) – 福田益代 役、ようこそ、わが家へ(2015年4月13日 – 6月15日、フジテレビ) – 下村民子 役 コントレール〜罪と恋〜(2016年4月15日 – 6月、NHK) – 田淵さゆみ 役など。

ほか

KAWAさんより

松本潤さんと香川照之さんという、珍しい感じのキャスティングを見て、非常に気になっていたので見てみました。松本さんの弁護士役というのはちょっと想像がつかなかったのですが、カッコよかったですね。全体的にコメディ色が強いのもあってか、バシっとカッコよくキメてくれるシーンがより際立つ印象を受けました。松本さん香川さん以外の出演者だと、ラーメンズの片桐さんがとても気になりましたね。松本さんと片桐さんのやりとりを見てると、笑いが止まりませんでした。

第2話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) は、口論となった男を、もみ合いの末にナイフで殺害してしまった 山下 (風間俊介) の弁護を担当することになる。
山下は、たまたま立ち寄った居酒屋で、酒に酔い大騒ぎをする 木内 (岡山天音) という男を注意すると、外に連れ出される。そこで、逆上してナイフを出してきた木内を、もみ合った末に奪ったナイフで殺害してしまったのだ。当然、山下は正当防衛を主張している。

だが、深山は山下の証言に違和感を覚え、彼ならではの捜査を始める。
そんな彼の捜査方法に振り回される 佐田 (香川照之) や 彩乃 (榮倉奈々) ら刑事事件専門ルームのメンバーは……。

ナイフで殺害してしまった 山下 (風間俊介)
※風間 俊介(かざま しゅんすけ、1983年6月17日)俳優、タレント。ジャニーズ事務所所属。
3年B組金八先生(TBS) – 兼末健次郎 役 ぼんくら(2014年-15年)佐吉 役。声優 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ(2000年-) – 主演・武藤遊戯/ ティマイオス 役 コクリコ坂から(2011年7月16日、東宝) – 水沼史郎 / 立花洋 役など。

大和田健介
2016y04m24d_093611891
トライストーン・エンタテイメント / 公式プロフィール
※大和田 健介(おおわだ けんすけ、1990年11月12日 – )俳優。父は俳優の大和田伸也。母は女優の五大路子。兄は俳優の大和田悠太。 CMでの活躍。2011年(1 – 12月)のテレビCM露出量タレント2位を獲得。花子とアン 第22週 – 第24週(2014年8月28日 – 9月13日、NHK) – 宮本純平 役など

酒に酔い大騒ぎをする 木内 (岡山天音)

2016y02m02d_211131275

岡山天音公式プロフィール – ユマニテ

岡山 天音(おかやま あまね、1994年6月17日生まれ)21歳

半 沢直樹 第2部(2013年8月25日 – 9月22日、TBS) – 坂本新之助 役、救命病棟24時 第5シリーズ 第6話(2013年8月27日、フジテレビ) – 神谷翔太 役、すべてがFになる(2014年10月21日 – 12月23日、フジテレビ) – 浜中深志 役 他多数。スカッとジャパンにも出演。CM KDDI au ドンドンドン得「親子」篇(※斉藤由貴) (2015年2月 – )

KAWAさんより

今週は、扱っている題材が、強姦事件の犯人に復讐する男と、その犯人達にまつわる話だったので、少し重苦しい雰囲気がありましたが、ひょうひょうとした雰囲気の松本潤さんを初めとする、ちょっとおかしな弁護士事務所の面々のおかげで、楽しく見られました。死んだ人間が、一体誰に刺されたのかが徐々にわかっていく流れに、気づいたら引き込まれていました。ラーメンズの片桐さんは、今週も良い味を出していたと思います。出演者のキャラクターも、事件のトリックも、非常に良かったと感じる第2話でした。

第3話あらすじ とゲスト

刑事事件専門ルームでは、深山 (松本潤) が 藤野 (マギー) の弁当にマイ調味料で味付けをして食事を楽しむ中、新たな案件が舞い込んでくる。その案件とは、川口建設の金庫に常備していた非常用資金1,000万円が盗まれた事件。経理を担当していた 果歩 (山下リオ) が逮捕され、娘を助けて欲しいと母・冴子 (麻生祐未) から依頼があったのだ。

被告人が女性であることもあり、自分の実力を見せたい 彩乃 (榮倉奈々) が担当したいと申し出て、佐田 (香川照之) に了承される。
金庫の暗証番号は、社長と専務、経理の果歩しか知らず、犯行日に、社長と専務はそれぞれ出張に出掛けていたという。さらに、家宅捜索では、果歩のカバンの中から金庫に入れていた現金の封筒が見つかり、自宅の押入れから現金1,500万円が見つかる。そんな状況でも、果歩は無罪を主張。彩乃は果歩に話を聞こうと、深山と共に拘置所を訪ねるが、冴子からの依頼で弁護を担当することになった旨を伝えると、果歩が顔色を変え 「私には母はいません。お断りします」 と拒まれてしまい……。

川口建設経理担当 果歩 (山下リオ)
2016y04m24d_221541386
公式プロフィール – スターダストプロモーション
※山下 リオ(やました リオ、1992年10月10日 )ファッションモデル、女優。2007年、3月に「三井のリハウス」12代目リハウスガール。、ファッション雑誌『Hana*chu→』(主婦の友社)の専属モデル。6月、『恋する日曜日 第3シリーズ』(BS-i)で本格的に女優デビュー。2014年4月、『A-Studio』(TBS)でバラエティ初レギュラー。本棚食堂(2015年7月・10月、NHK BSプレミアム) – 梅ちゃん 役。37.5℃の涙 第9話 – 最終話(2015年9月10日 – 17日、TBS) – 川上翔子 役など

果歩 の母・冴子 (麻生祐未)
2016y04m24d_221836068
イザワオフィス・麻生祐未
※麻生 祐未(あそう ゆみ、1963年8月15日 )女優。元夫は俳優の永澤俊矢、叔母は歌手の奥村チヨ。テレビドラマ
『君が嘘をついた』『税務調査官・窓際太郎の事件簿』『JIN-仁-』『カーネーション』など

鶴見辰吾
2016y05m01d_075715638
公式プロフィール
※鶴見 辰吾(つるみ しんご、1964年12月29日 )俳優・タレント。3年B組金八先生 – 宮沢保 役(1979 – ) 大河ドラマ 天地人(2009年) – 明智光秀 役 軍師官兵衛(2014年) – 小早川隆景 役 など

monetさんより

今回は松潤扮する深山が中心ではなく立花弁護士を助ける立場で物語は進んでいきますが、深山が勝手に事務所の社長に聞きにいったりと深山が中心になっていくのが面白い。佐田と深山の会話も回を重ねるたびに、上手く調理してやれと素材がうまくないとなど二人の掛け合いは本当に面白くなっています。班目と佐山の掛け合いがあまりないのは残念でしたが、佐山と奥様の掛け合いもどんどん面白くなっています。

無罪の可能性が高いのに余命少ない母親に会いたいために示談にする方法もと悩みますが、無罪の可能性あるものも状況によっては示談でという選択することがあるなんてそんなこともあるのだと驚きました。佐山も最後は料亭の情報をしっかり調べて伝えるところがとっても良い感じになっています。香川さんもにくめなくてこれから楽しみです。最後お母さんに会えて見ている私もほっとしました。

回を重ねるごとにとても面白くなって、深山の料理も美味しそうで楽しみの一つになっています。これから楽しみです。最後の深山の幼いころの記憶の場面が気になっています。早く次週が見たくなります。

第4話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) の所属する斑目法律事務所・刑事事件専門ルームに、新たな依頼が舞い込んでくる。
太陽光発電に関する世界的発明者である 菊池 (板尾創路) が、仕事の元同僚である 井原宏子 (ハマカワフミエ) への強制わいせつの罪で告訴され、弁護を依頼してきたのだ。
菊池は強く無罪を主張するが、この手の事件は当事者の証言以外に証拠が乏しいため、潔白を証明するのは難しい。

そんな中、菊池の勤めるウドウ光学研究所の社長・鵜堂 (升毅) が、会社で示談金を準備させて欲しいと提案する。
現在、菊池が研究を進めている特許技術が完成間近なのに、裁判のために開発が遅延してしまっては、あまりに不憫だという。
喜ぶ菊池は研究チームにこれ以上迷惑をかけないためにも、示談を成立させるが…。

菊池 (板尾創路)
太陽光発電に関する世界的発明者
2016y05m02d_080453023
吉本興業プロフィール
※板尾 創路(いたお いつじ、1963年7月18日)お笑いタレント、俳優、お笑いコンビ・130Rのボケ担当。相方はほんこん。父は川柳家の板尾岳人。着信御礼!ケータイ大喜利(NHK総合)連続テレビ小説(NHK)まれ(2015年) – 紺谷博之 役など。

井原宏子 (ハマカワフミエ)
菊池の元同僚
2016y05m02d_080923935
ハマカワフミエ(所属事務所フォセット・コンシェルジュによるプロフィール)
※ハマカワ フミエ(1985年5月27日)女優。日本人の父と、韓国人の母を持つ日韓ハーフ。「フラジャイル」 第7話(2016年2月24日、フジテレビ) – 北山奈央 役。「東京センチメンタル」 第7話(2016年2月27日、テレビ東京) – 佐野ゆかり 役 など

鵜堂 (升毅)
菊池の勤めるウドウ光学研究所の社長
2016y05m02d_081327062
※升 毅(ます たけし、1955年12月9日)俳優、ナレーター。連続テレビ小説 あさが来た(2015年 – 2016年) – 今井忠興 役。ぼくのいのち(2016年、読売テレビ) – 蒔田昭司 役。

LONGさんより

強制わいせつ罪の事件から始まりました。初めは状況を飲み込めずにいましたが、少しづつ何が起きているのか理解出来てきました。犯人はおそらく無実だと言うのがわかってきましたが、どういう風に犯罪を犯してきたのか興味が湧いてきました。その裏には会社と個人の特許権について、何処で二つの事項が結びつくのかワクワクしてきました。ドライビングレコーダーが強制わいせつ罪の証拠になりましたが、その後の男性よりも女性がなかなか自白をしない&シラを切る姿を見て、本当に女性はシタタカだなと感じました。実際の女性もこの様に証拠が出てきても、シラを切り通すんだと思いました。

第5話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) は、三枝 (平田満) を暴行したとして逮捕された 谷繁 (千葉雄大) の弁護を担当することになる。事件当時のことを聞くため、彩乃 (榮倉奈々) と共に接見するが、その最中に谷繁は 「あいつが殺したんだ…」 と呟きながら倒れ、意識不明の重体となってしまう。

被疑者から話を聞けなくなってしまった深山と彩乃は、目撃者から 「『お前が殺したんだ!』 と叫びながら殴っていた」 と聞く。だが、被害者の三枝は、谷繁と面識もないのに襲われたと主張。納得の出来る証言を聞けない中、深山と彩乃は谷繁の妹に会いに行く。

一方、不起訴の決裁が増えている検察官の 丸川 (青木崇高) は、検事正・大友 (奥田瑛二) から忠告をうける。さらに、過去の案件で再審請求を出されているから資料に目を通しておけと指示される。その資料には、ある名前が記載されていて……。

谷繁 (千葉雄大)

千葉雄大
2016y03m11d_132109474
所属事務所による公式ページ
※ 千葉 雄大(ちば ゆうだい1989年3月9日 )は、日本の俳優、ファッションモデル。2007年10月、Toppaモデルオーディションでモデルに。『CHOKi CHOKi』の専属モデルを経て現事務所に。天装戦隊ゴセイジャー(2010年2月 – 2011年2月、テレビ朝日) – アラタ / ゴセイレッド(声) 役に抜擢。きょうは会社休みます。(2014年10月 – 12月、日本テレビ) – 加々見龍生 役、黒崎くんの言いなりになんてならない(2015年12月22日 – 23日、日本テレビ) – 白河タクミ 役、新春特別番組ドラマ 彼女が恋した職人さん〜マリーは匠に首ったけ〜(2016年1月6日、テレビ東京) – 和田巧 役、家族ノカタチ(2016年1月 – 3月、TBS) – 入江春人 役など。

三枝 (平田満)
2016y05m08d_220150585
所属事務所プロフィール
※平田 満(ひらた みつる、1953年11月2日 )俳優。妻は女優の井上加奈子。穂の国とよはし芸術劇場PLAT芸術文化アドバイザー。テレビドラマ『わが町』シリーズ『タクシードライバーの推理日誌』シリーズ『神様、もう少しだけ』『白夜行』『ディロン〜運命の犬』映画『蒲田行進曲』ヤス 役

rinoyuさんより

いつもは1話完結なのに、今回は次回に続く形。しかも、深山と佐田になんだか不穏な空気…。ようやく息があってきたと思ったところだけに、え!と思ってしまいました。来週はどうなってしまうのかハラハラドキドキ。このまま何事もなくまたもとの2人の関係に戻ってほしいところですが…。どうなってしまうのでしょうか?事件の行方も気になりますが、深山と佐田の関係も気になってしまいます。事務所のチームワークもよくなってきていてその辺も見ていて楽しいので、来週はそれもどうなってしまうのか。とにかく気になります。

 

LONGさんより

このドラマは基本的には1話完結ですが、今回は次回に持ち越しになりました。昔の事件がポイントになって来そうです。香川照之が演じる佐田弁護士の過去が気になります。二つのそれぞれの事件が一つに繋がっていく様子がスピーディに展開されていき、少しも見逃せない回だったと思います。実際とは異なると思いますが、検事の裏側も垣間見れて少し怖い感じも受けました。弁護士と検事の戦いだけでなく、今の日本の裏事情を知る事が出来て楽しく見ています

 

第6話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) は、18年前に自殺した 谷繁 (千葉雄大) の父親が、実は自殺ではなく、三枝 (平田満) に殺害された可能性が高いと考える。彩乃 (榮倉奈々) ら刑事事件ルームのメンバーと共に調査を積み重ねた結果、ある事実にたどり着き、確証を持って三枝を追及する深山。

しかし三枝は、18年前の同じ日時に起きた 「杉並区資産家令嬢殺人事件」 で 「犯人を目撃した」 と証言していた。

そして、その三枝の目撃証言が重要な決め手となって、犯人が逮捕され、有罪が確定していたのだ。つまり三枝には、谷繁の父が殺害された時刻には、もうひとつの事件が起きた付近におり、谷繁の父を殺害するのは不可能である、というアリバイがあったのだ。

深山は三枝がアリバイ作りのために “嘘の目撃証言” をした可能性もあると考え、その目撃証言の調書を作った検察官であった 佐田 (香川照之) を厳しく追及する。佐田だけが知る “18年前の事実” とは一体 ——。

さらに深山と彩乃は、18年前に三枝が 「犯人を目撃した」 と証言した現場に足を運ぶ。すると18年が経ち手がかりなど何も残っていないと思われた現場から、思いもよらない事件解決の糸口が見え始め…。

谷繁 (千葉雄大)三枝 (平田満) は6話にて紹介。

 

mh03さんより

今回は、初めて前回からの続きという展開でした。個人的には1話完結が好みで毎週観ているので、視聴率も気にしているのかな〜なんて思ってしまいましたが。登場人物がいい味出しているドラマだと思ってみていましたが、今回は犯人役の吉沢悠さんが出てきた時点で、もう話の展開が予想がついて面白みに欠けました。犯人として獄中死した男性の友人証言を確認に行った時点で、この配役だったら先が読めてしまう。もう少しひねりが欲しかったですね。殺された女性の友人役で阿佐ヶ谷姉妹が出てきたのは面白かったですけど。毎回、必ず松本潤が無罪を勝ち取る展開はすっきりしていいので、配役で先の展開が分かってしまうような簡単な物ではなく、もう少し意外性のある展開も欲しい所です。香川照之さんが検事として過去に冤罪として起訴してしまった割には、その辺りの描き方も稚拙だったかな。そんなに簡単なものではないでしょ!?と思ってしまいました。

第7話あらすじ とゲスト

大手玩具メーカーの社長が副社長である息子の河村英樹(高嶋政伸)に殺害されてしまう。しかし逮捕されたのは、同社専務取締役・西岡(嶋田久作)だっふた。 深山、佐田、志賀らは被疑者である西岡の弁護人となり、当時の状況を聞くが、西岡は「まったく身に覚えがない」と語る。 しかし、決定的な証拠である“凶器の花瓶から検出された西岡の指紋”が、西岡を有罪へと追い詰めてゆき…

高嶋政宏

2016y03m02d_222736454

東宝芸能のプロフィール:髙嶋政宏

※ 髙嶋 政宏(たかしま まさひろ、1965年10月29日生まれ)父は高島忠夫、母は寿美花代。弟は高嶋政伸。、成城大学法学部在学中の1987年、映画『トットチャンネル』で 俳優デビュー。キネマ旬報賞新人男優賞や毎日映画コンクールグランプリ新人賞、ブルーリボン賞新人賞、日本アカデミー賞新人俳優賞、報知映画賞新人賞など を受賞。テレビドラマでは純ちゃんの応援歌 (1988年 NHK) – 速水秀平役で人気を得る。S -最後の警官-(2014年1月 – 3月、TBS) – 中丸文夫 役、信長協奏曲(2014年10月 – 12月、フジテレビ) – 柴田勝家 役 など

 

嶋田久作
2016y05m22d_223920179

goo 嶋田 久作

※嶋田 久作(しまだ きゅうさく、1955年4月24日 – )俳優。ハゲタカ(2007年2月- 3月、NHK「土曜ドラマ」) – 村田丈志 役 八重の桜第8回から第12回(2013年2月、3月) – 真木和泉 役 ぼんくら2(2015年10月 – 12月、NHK「木曜時代劇」)- 佐伯錠之介 役 など

arn2さんより

深山演じる松本潤さんの法廷でのシーンの長台詞は今回も見物でした。どんどんと探偵化していってるような気もしますが、視聴者も一緒に推理できるところが面白いです。また7話ゲストの高嶋さんは最近こういう役が多いと個人的に思いました。7話の最後で深山が逮捕という展開でしたが、深山の過去がこれから明かされていくのが楽しみです。松本潤さんと香川照之さんのやり取りがとても好きです。香川さんは松本さんと初共演なのですが、今回松本さんとの共演をとても楽しみにされていたそうです。また番組の企画でお二人がお揃いのスニーカーを購入されたのですが、現場に一緒に履いて行っているみたいです。

yansさんより

専務の西岡さん が逮捕されて、娘が家にいたと証言しているのに、それを無視して、逮捕するというのは、どうなんだろうと思った。また、花瓶が凶器だったけど、凶器は鑑識の人が復元とかはしないのかなと疑問に思った。松潤演じる深山の親父ギャグが今回も炸裂していてあのシュールさは好きです。その後に点数をつけるところとかも好きでした。佐田さんが親父ギャグが案外好きなんですね。最後に深山が逮捕されて、来週はどうなってしまうのかなと思いました。来週が楽しみです。

 

第8話あらすじ とゲスト

突然、斑目法律事務所に刑事たちがやってきて、深山 (松本潤) は殺人の容疑で逮捕されてしまう。佐田 (香川照之) や 彩乃 (榮倉奈々) は驚きを隠せないまま、すぐさま留置所に足を運び、深山と接見を行うが、深山はまともに話をしようともしない。

警察の調べによると、深山は 鈴木 (林泰文) という男とレストランで会っていた。鈴木は、深山が作った調味料を料理にかけて口にしたとたん、苦しみ倒れ、病院搬送後まもなく死亡。深山の自宅から押収したパソコンからは、毒物の購入履歴が見つかったという。

動かしようのない証拠を突きつけられた深山は、留置所の中から “事実” を突き止めようとするが……。

 

鈴木 / 林 泰文
2016y04m21d_211118602
所属事務所による公式プロフィール
※林 泰文(はやし やすふみ、1971年12月7日)1976年に子役デビュー。青春デンデケデケデケ (1992年) – 藤原竹良(ちっくん)主演。火曜サスペンス劇場 「弁護士・朝日岳之助」(日本テレビ) – 朝日周平。

 

arnさんより

深山が被告人側になるというまさかの展開の8話は今までの回の中で1番おもしろかったです。また序盤では深山が検察側を巻きこみ、事件現場を検証するシーンがとてもおもしろく深山のマイペースさが今回も爆発していると思いました。

また深山の過去も少し明らかになり、今後の展開にもどう繋がっていくのか楽しみです。オヤジギャグを言うシーンは深山えんじる松本潤さん自身が素で笑っているように見えて微笑ましいです。また松本潤さんと香川照之さんのコンビがすごくいいので他のドラマでもぜひ共演して欲しいと思います。

第9話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) は 佐田 (香川照之) から指示を受け、彩乃 (榮倉奈々) らとともに山城鉄道の会長の自宅を訪ねる。するとそこには殺害された会長の遺体と、それを取り囲む家族らが。状況を聞くと、三男の嫁である 皐月 (国仲涼子) が犯行を自供。

脳梗塞を患った義父を懸命に介護したが、満足してもらえないまま罵倒される日々が重なり、耐えられなくなっての犯行だという。
さらに事件当時、自宅で一緒に暮らしていた家族たちも全員、皐月の犯行を認める供述をし、すぐに解決するかに見えた事件であった。

しかし深山はある違和感を嗅ぎ取る。 皆の証言を深く掘り下げてゆくと、それはまるで “無理につじつまを合わせたかのように一致” しており…。

arnさんより

今回のお話も深山は弁護士というより刑事化していってると思いました。今回は割と推理する場面が多かったので、松本さんが過去に出演していた「金田一少年の事件簿」を連想させました。また15分拡大ということでしたが、開始1時間経たないくらいに事件は解決へと向かっていたので、延長分はどうなるんだろうと思っていたら、最後にこの事件の本当の黒幕が分かったところが面白かったです。

また松本さんと栄倉さんは現場で「小顔兄妹」と呼ばれているようで、過去の作品でお二人が兄妹役を演じていたということもありますが、だんだんと可愛い兄弟のように思えてきました。来週はいよいよ最終回ですが、このドラマが終わってしまうのは寂しいのでまた続編や映画化などして欲しいと思います。

第10話あらすじ とゲスト

深山 (松本潤) は、連続殺人事件の容疑者として逮捕された石川の弁護を担当することになる。
石川は、殺害現場に毛髪と血痕が残されていたことで逮捕され、取り調べで犯行事実を認めていた。

だが、検察の 丸川 (青木崇高) から毎日、深夜まで取り調べられ、意識が朦朧としている中で調書にサインをしてしまったと明かす。
そんな状況の中、深山は 佐田 (香川照之) や 彩乃 (榮倉奈々) らと捜査を始めるが、週刊誌のある記事を目にして、再び、皆の前から消えてしまい…。

深山と検察の最終決戦が今、始まる!
そして、ついに天敵・大友検事正 (奥田瑛二) と対峙する!
全ての謎が明らかになる !!

arnさんより

最終話は20分拡大でしたが、それを感じさせないくらいあっという間に終わってしまいました。個人的には同い年の松本さんとゲスト出演されていた中丸さんとのやり取りが面白くて好きでした。また、法廷でのシーンの深山の台詞が感動的でした。その後深山と深山父の裁判の時の検事が顔を合わせるシーンがありましたが、あの様子からすると何かしらの続編があるような期待を感じました。最終話も色々な隠れた仕掛けが用意されていて、名簿の名前が過去に嵐のメンバーが出演したドラマの役名だったり、最後深山が持っていた飴の名前に[ARASHI]と書かれていたり、スタッフの方の松本さんに対する愛を感じました。ぜひドラマでの続編又は映画化を期待しています。

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y03m12d_185406250
  2. 2016y03m01d_155812597

    2016.春ドラマ

    不機嫌な果実 スペシャルドラマ あらすじ・キャスト 栗山千明 市原隼人

    不機嫌な果実 スペシャル ~3年目の浮気~2017年  第1夜 1…

  3. 2016y04m04d_141337326

    2016.春ドラマ

    重版出来! ドラマ 感想 キャスト・あらすじと原作・相関図 主演・黒木華

    重版出来!TBS 火曜ドラマ 2016年4月12日放送スタート 毎…

  4. 2016y02m18d_152722230

    2016.春ドラマ

    世界一難しい恋 キャストとあらすじと感想 大野智 主演ドラマ

    世界一難しい恋2016年4月13日 22時 放送スタート 毎週水曜…

  5. 2016y02m24d_230819974
  6. 2016y03m13d_230302906

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP