2017y03m14d_192133024

2017.春ドラマ

貴族探偵 ドラマ 原作ネタバレ キャスト あらすじと感想


Sponsored Link

Sponsored Link

2017年4月17日~ (月) 21:00~ フジテレビ

キャスト
相葉雅紀/武井咲/生瀬勝久/井川遥/滝藤賢一/中山美穂/松重豊/仲間由紀恵

原作:麻耶雄嵩 本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 4/17 感想

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 4/24 感想

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 5/1 感想2

第4話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 5/8 感想

第5話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 5/15

6話以降は公式サイトにて

http://www.fujitv.co.jp/kizoku/

キャスト

原作 貴族探偵 を読んだ感想 ↓ ネタバレ注意

貴族探偵 相葉雅紀

 

高徳愛香 武井咲
2016y06m06d_215116921
公式ウェブサイト – オスカープロモーション
※武井 咲(たけい えみ、1993年12月25日 )女優、タレント、ファッションモデル。愛知県名古屋市港区出身。オスカープロモーション所属。。2006年、第11回全日本国民的美少女コンテストに応募、モデル部門賞とマルチメディア賞をダブル受賞。2007年2月号で、『セブンティーン』の専属モデルとしてデビュー。戦力外捜査官(2014年1月11日 – 3月15日、日本テレビ) – 主演・海月千波 役 戦力外捜査官 SPECIAL(2015年3月21日、日本テレビ) – 主演・海月千波 役 ゼロの真実〜監察医・松本真央〜(2014年7月17日 – 9月4日、テレビ朝日) – 主演・松本真央 役 すべてがFになる(2014年10月21日 – 12月23日、フジテレビ) – 主演・西之園萌絵 役 エイジハラスメント(2015年7月9日 – 9月10日、テレビ朝日) – 主演・吉井英美里 役 フラジャイル(2016年1月13日 – 3月16日、フジテレビ) – 宮崎智尋 役

鼻形雷雨 生瀬勝久
2016y06m10d_220220719
生瀬勝久プロフィール
※生瀬 勝久(なませ かつひさ、1960年10月13日)俳優。同志社大学文学部社会学科産業関係学専攻卒業。身長178cm。体重70kg。妻はモデルの堀本陽子。母は日本社会党の元西宮市議会議員・生瀬悦子。大河ドラマ功名が辻(2006年) – 堀尾吉晴 役 龍馬伝(2010年) – 吉田松陰 役 八重の桜(2013年)- 勝海舟 役 トリック(2000年-)- 矢部謙三 役 ごくせん(2002年-) – 猿渡五郎 役 など

玉村 依子 木南 晴夏
2017y04m10d_225459681
公式プロフィール – ホリプロ
※木南 晴夏(きなみ はるか、1985年8月9日生まれ) 姉は女優の木南清香 2001年、高校在学中に夏の高校野球PR女子高生に選ばれる。同年、『第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた!!〜』でグランプリを獲得。昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(2014年7月17日 – 9月25日、フジテレビ) – 長谷川美鈴 役、ぼくのいのち(2016年春、読売テレビ・日本テレビ) – 小野寺美咲 役 でも出演

岡山天音

2016y02m02d_211131275

岡山天音公式プロフィール – ユマニテ

岡山 天音(おかやま あまね、1994年6月17日生まれ)

半 沢直樹 第2部(2013年8月25日 – 9月22日、TBS) – 坂本新之助 役、救命病棟24時 第5シリーズ 第6話(2013年8月27日、フジテレビ) – 神谷翔太 役、すべてがFになる(2014年10月21日 – 12月23日、フジテレビ) – 浜中深志 役 99.9―刑事専門弁護士― (2016.4-) 第2話 スカッとジャパン 他多数。

冬樹和泉 田中道子
2017y03m27d_152327548
http://www.oscarpro.co.jp/talent/michiko_tanaka/profile.html
田中 道子(たなか みちこ、1989年8月24日 – )は、日本の女性モデル、女優。静岡県浜松市出身。オスカープロモーション所属。静岡文化芸術大学卒業。2009年:ミス浜松グランプリ。2011年:ミス・ユニバース・ジャパン2011で3位入賞。2013年:ミス・ワールド2013の日本代表に選出。ドクターX〜外科医・大門未知子〜 第4シリーズ(2016年10月13日 – 12月22日、テレビ朝日) – 白水里果 役 貴族探偵(2017年4月17日 – 、フジテレビ) – 冬樹和泉 役

 


Sponsored Link

Sponsored Link

喜多見切子 井川遥
2017y03m14d_193240467
井川遥 Official Web
井川 遥(いがわ はるか、1976年6月29日 -)女優。エフ・エム・ジー所属。東横学園女子短期大学を卒業。1999年、『東洋紡水着サマーキャンペーンガール』として本格的に芸能界デビュー。大河ドラマ 花燃ゆ(2015年、NHK) – 高須久子 役 流星ワゴン(2015年1月 – 3月、TBS) – 永田美代子 役 かもしれない女優たち 2016(2016年10月10日、フジテレビ) – 主演・井川遥 役 スニッファー 嗅覚捜査官(2016年10月 – 12月、NHK) – 末永由紀
謎 仲間由紀恵
2017y03m14d_205053370
プロダクション尾木 公式サイト – 所属事務所による公式プロフィール
仲間 由紀恵(なかま ゆきえ、1979年10月30日)女優、タレント。沖縄県浦添市出身。プロダクション尾木所属。夫は俳優の田中哲司。1994年(平成6年) – 沖縄テレビ放送『青い夏』の一般公募オーディションでグランプリ。ドラマ出演。2002年(平成14年)ドラマ『ごくせん』に主演。

佐藤 滝藤賢一

2016y06m03d_115200264
滝藤賢一 公式プロフィール – 所属事務所エージェントオフィスタクト
※滝藤 賢一(たきとう けんいち、1976年11月2日)俳優。2008年、映画『クライマーズ・ハイ』に出演。新聞記者・神沢周作役での演技が注目を浴びる。大河ドラマ 龍馬伝 第26話 – 最終話(2010年6月27日 – 11月28日、NHK) – 小松帯刀 役 半沢直樹(2013年7月7日 – 9月22日、TBS) – 近藤直弼 役 ランドリー茅ヶ崎 (2016.4) グラメ 総理の料理番 (2016.7-)古賀征二役など

田中 中山美穂
2017y03m14d_210518521
Kingrecords Webcommunication>中山 美穂 – キングレコードの公式ページ
中山 美穂(なかやま みほ、1970年3月1日)女優、歌手。身長158cm。血液型O型。長野県佐久市生まれで東京都小金井市出身。ビッグアップル所属。愛称は「ミポリン」。実妹は女優の中山忍。元夫はミュージシャン・小説家の辻仁成。

山本 松重豊
2017y03m14d_210931802
松重豊のブログ 修行が足りませぬ – 公式ブログ
松重 豊(まつしげ ゆたか、1963年1月19日 )俳優。身長188cm、体重75kg、靴のサイズは28.0cm。血液型はAB型。福岡県出身。西南学院高等学校卒業、明治大学文学部文学科卒業(演劇学専攻)。バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜(1月14日 – 、テレビ東京) – 主演・松重豊(本人) 役 孤独のグルメ season6(4月8日 -、テレビ東京) – 井之頭五郎 役。

第1話 あらすじ

上流階級の出らしいということ以外、本名、職業、年齢など全てが謎の紳士、貴族探偵(相葉雅紀)。不可解な事件現場にふらりと赴き、解決に導くのだが、一切の推理は運転手の佐藤(滝藤賢一)、メイドの田中(中山美穂)、執事の山本(松重豊)に任せきりにしか見えない。そんな貴族探偵が今回、現れた場所とは?

一方、高徳愛香(武井咲)は、喜多見切子(井川遥)を師と仰ぎ、彼女の事務所に勤める女性探偵。その日、愛香は事務所の重要なクライアントである玉村家の令嬢、依子(木南晴夏)の別荘、通称ガスコン荘で行われるパーティーに招かれていた。

愛香が到着すると、出迎えた依子がすでに集った友人たちと昨夜パーティーを行ったとのこと。意に介さぬ愛香に、依子はガスコン荘の地下にある“鬼隠しの井戸”の話をする。その古井戸には、死体を投げ込むと消えてしまうという伝説があった。愛香は半ば強引に依子に案内してもらうのだが、古井戸の側にパーティーの客の死体が…。そしてその周囲には無数の血の足跡が!

現場を確認した愛香は、警察に連絡。しばらくすると、警部補の鼻形雷雨(生瀬勝久)が部下の常見(岡山天音)をともなって現れ、パーティー客らを一部屋に集める。殺害状況などから、容疑者は昨夜からガスコン荘にいた者の誰かだと思われた。一晩ガスコン荘は密室状態…。ということは容疑者はこの中に?…。と、そこに、主人の使いで来た執事と名乗る山本が顔を出す。山本が一同を案内したのは、庭に作られた巨大な天幕。唖然とする一同の前に悠然と貴族探偵が登場。貴族探偵は、この事件を自分が解決すると言い放つ。

junko814sinさん

いい意味で 今までの月9を裏切る 楽しいドラマでした。とにかくキャストが豪華で、使用人にもこの人を使うの?というような びっくり感もあり、最後まで楽しめました。相葉雅紀くんの お公家顔が 貴族探偵に妙にマッチしていて良かったです。松重さんの とぼけた雰囲気も、絶妙なスパイス、そして この人が出れば間違いなく楽しい!という生瀬さんが やはり期待を裏切らず笑わせてくれました。

武井咲ちゃんの初々しさと井川遥さんの 大人の色気が、うまく交錯していて最初と最後に なんとも言えない雰囲気を醸し出していました。一体、最後にはどうなるのだろう。。という ソワソワした気持ちでラストまで見入ってしまいました。意外にも犯人は あれっ?という人物でしたが、また次回どんな展開になるのか期待を持たせてくれるドラマでした。

第2話 あらすじ

 自らを貴族と称し、探偵をたしなむ貴族探偵(相葉雅紀)。しかし、推理は使用人の佐藤(滝藤賢一)、田中(中山美穂)、山本(松重豊)たちに任せきり。そんな貴族探偵が、今回現れたのは…。

高徳愛香(武井咲)は、編集者、日岡美咲(紺野まひる)の車で、人気ミステリー作家、厄神春柾(大和田伸也)の別荘に向かっている。探偵に取材したいという厄神の依頼に愛香が招かれたのだ。

山道を行く2人の車の前に、突然、巨大な石が落ちて来た。愛香が現場の安全を確保し、警察に通報して車に戻ると美咲がいない。と、愛香の目の前に驚きの光景が。何と美咲は、いつの間にか現れた貴族探偵とお茶をしているではないか。

落石に憤る貴族探偵は、落下場所の真上にある別荘に文句を言いに行こうと動き出す。そこは愛香たちの目的地、厄神の別荘だった。呼び鈴を鳴らしても誰も出ないため、貴族探偵はズカズカと別荘内へ。すると、書斎のベッドに頭から血を流して横たわる死体が…。

すぐさま、状況を把握しようとする愛香。警察も来た。なぜか管轄違いの鼻形雷雨(生瀬勝久)と常見慎吾(岡山天音)も。鼻形たちは貴族探偵専任になったらしい。鼻形は貴族探偵に不満を抱く管轄の久下村刑事(平山祐介)をなだめている。 厄神の関係者、妻の令子(横山めぐみ)、美咲と同じ編集者の松尾早織(豊田エリー)と滝野光敏(丸山智己)に聴取する愛香と鼻形。厄神のファンだったと言うメイドの田中も捜査に付き添う。

monochrome1979さん

今回も貴族探偵は全く何にも推理していない様に見えて、ドローンで運べる重さがどれくらいであるのかなどを見過ごすほど、さらりと調べていたりして、本当はあっという間に見抜いて推理しているのかと思わせる所がありました。今回のメインの推理進行役は田中で、回によってメインの進行役が変わるといった感じの様ですね。そして、またもや推理を見事に外してしまった高徳、なんだか貴族探偵の前座の余興みたいな扱いになってきている様な感じがします。

第3話 あらすじ

 貴族探偵(相葉雅紀)の絶大な力は、使用人任せの探偵業でも威力を発揮する。事件現場での貴族探偵の捜査に、警察官も口出し出来ないのはすでにおわかりであろう。そして、貴族探偵の世話をする神奈川県警捜査一課警部補、鼻形雷雨(生瀬勝久)たちに、新たな展開が…。
喜多見切子探偵事務所に、おびえ、戸惑った様子の女子高生、垂水遥(橋本環奈)が訪ねてきた。応対した高徳愛香(武井咲)は、遥の不安を和らげながら依頼を聞くことに。

話によると、一週間前、廃倉庫で女性の遺体が発見された。遺体は頭と両腕が切断され、遺留品もないため捜査は難航の様相を見せる。しかし、ほどなく現場から数キロの河川敷で、頭部と腕、遺留品を埋めている男が目撃された。男は遥の高校の教師、浜村康介(内野謙太)で、間も無く警察に連行されてしまう。

実は、遥は浜村と結婚を前提とした交際をしていた。だが、事件で交際が公となり、遥は周囲から白い目で見られてしまう。浜村の無罪を信じる遥だが、周囲に頼る術もなく、愛香を頼って来たのだ。

依頼を引き受けた愛香は、遥と事件現場の廃倉庫へ。ひと通り現場を巡り、戻った愛香は唖然。なんと、遥が貴族探偵の飼い犬と戯れているではないか。執事の山本(松重豊)によると、貴族探偵は狩りに出かけた帰り道、現場を通りかかったので、寄り道してこの何とも不可解な事件をひも解いてみようとなったらしい。呆れる愛香をよそに、貴族探偵は勝手に依頼を引き受けてしまう。

junko814sinさん

今回は、かなり残忍な殺人事件でしたがこのドラマにかかると不思議と、あまり重い感じになりません。毎回非常に凝った演出があるのも、見どころの一つです。ただ、相葉くん以外の演者の個性がそれぞれ強すぎるのが気になります。かえって、生瀬さん一人だけのほうが引き締まる気はするのですが。。というくらい、それぞれ豪華で目が離せません。
橋本環奈がゲストでしたがかつて美少女と言われた中山美穂、武井咲と並ぶと、キラキラと眩しい存在感を放っていました。来週のゲストも、今から楽しみです。

taniyanさん

相葉くん主演ドラマなので第1話から欠かさず観ています。冒頭に事件が起こり、女探偵武井咲の推理で指摘した犯人はハズレで、相葉くん演じる貴族探偵が最後に推理を的中させるというストーリー展開がお約束になっていることがようやくわかってきたので落ち着いて観られました。殺された被害者の頭と手を切断して、美容院のマネキンに取り付けて生きているかのようにアリバイ工作するというありえないトリックも途中で気づきました。ただ、犯人の美容師の殺害の動機が写真でゆすり(?)とチラッとしか触れられていないこと、アリバイ工作後の生首と腕を最初の冤罪の男性の家に捨てたのは偶然(?)だったのかとかいくらありえないストーリーでも雑だなと感じました。共通テーマとして流れている貴族探偵が美しい女性を必ず守る、女探偵が貴族探偵に抱く感情みたいシリアスシーンに時間を割きすぎな印象でした。

第4話 あらすじ

喜多見切子探偵事務所で愛香(武井咲)が応対したのは、数名のアイドルオタク。彼らが愛するアイドル、有畑しずる(藤川千愛)がライブ後に自殺。オタクたちは、彼女の死の陰にいる田名部優という人物を愛香に探し出して欲しいというのだ。田名部に責任を取らせるとざわめくオタクたちに、復讐に力は貸せないと愛香は断る。オタクたちと入れ違いに、玉村依子(木南晴香)がやって来た。依子の誘いに興味が惹かれた愛香は、パワースポットで話題の温泉に行くことになる。 「浜梨館」へ向かうための山道の入り口で愛香たちを迎えたのは、女将の浜梨久仁子(釈由美子)。

道中で女将は、今夜行われる“いづな様”を迎える儀式の由来の話などをしながら、愛香たちを儀式が行われる旅館の奥の間へ通す。 そこには、赤川和美(柳ゆり菜)、金谷沢広成(小松和重)の先客がいた。お互いに挨拶をしていると、鼻形雷雨(生瀬勝久)が来る。鼻形もご利益を授かりに来たらしい。続けて有戸秀司(阿部力)。壁に書かれた名前によると、残る参加者は下北香苗(草刈麻有)と田名部。田名部はオタクたちが愛香に探して欲しいと頼んだ人物…。すると、香苗を伴って貴族探偵(相葉雅紀)が!ついに貴族探偵の本名判明?しかし、すぐに田名部(渋谷謙人)と名乗る男が現れる。 ついに始まる“いづな様”の儀式。そして、発生してしまった殺人事件!使用人不在の貴族探偵は、どう立ち回るのか?

Alice.Kanzakiさん

今回の貴族探偵は使用人の方々が後半まで出てこなかったり、高徳愛香を演じる武井咲さんと貴族探偵を演じる相葉雅紀さんの二人っきりの会話があったのも見所だと思います。今回こそは貴族探偵が事件解決!!って思いましたがやっぱりそうはなりませんでしたが、運転手佐藤さんの頑張りにはカッコよかったです。
最後の落ちである田名部優と赤川和美が入れ替わっていたっていう落ちの一番大事なことに気づけなかったのが凄く悔しいです。でも結局貴族探偵と一緒に来た香苗さんは一体なんだったんだろうか?私にとっては疑問が残る結末でした。

第5話 あらすじ

貴族探偵(相葉雅紀)は何者なのか? 正体を探るべく、高徳愛香(武井咲)は玉村依子(木南晴夏)の紹介で、貴族探偵と懇意にしているという桜川鷹亮(竜雷太)に会いに行く。

桜川家を訪ねた愛香だが、依子が来ない。愛香が連絡すると、何でも今日は桜川家で大事な行事があるので来るなと言われたのだとか。仕方なく帰ろうとする愛香を呼び止める声。鷹亮の外孫、豊郷皐月(加藤あい)だ。皐月は依子の非礼を詫び、お茶でも、と愛香を屋敷に誘う。

愛香が皐月と話をしていると、猟銃を持ち、獲物のキジを手にした一団が。大事な儀式のためだと教える皐月は、愛香も見てみないかと再び誘ってくれた。

屋敷内には、先ほどの男たちが控えていた。そこに、鷹亮が来る。皐月は、鷹亮の孫、弥生(北香那)の婿、桜川家の次期当主を選ぶための儀式だと愛香に教える。キジを射止めた金山俊市(忍成修吾)をはじめとした先ほどの一団の男たちが婿候補だった。現在では形式化しているとは言うものの、かつてはキジを射止めたものが本当に婿になる、いずれは当主になるのが慣習であった。

金山は得意顔で弥生をエスコート。他の参加者たちと、使用人の愛知川友也(白洲迅)が弥生に付き添う。様子を見ていた愛香だったが、思わぬ幸運を得る。なんと、鷹亮が面会すると言うのだ。

鷹亮の書斎に通された愛香は、貴族探偵のことを尋ねる。すると、鷹亮は本人に直接聞いてみるよう促す。愛香が振り返ると貴族探偵が! 貴族探偵は儀式の立会人だったのだ。鷹亮は愛香にも立会人を依頼する。
2人の探偵を立会人として、いよいよ始まった婿選びの儀式であったが、鷹亮の懸念通り、凄惨な事件が待ち受けていた!

ココア1224さん

 

ネタバレ注意

「貴族探偵」という小説タイトルや、書籍裏に記載されていたあらすじから、筒井康隆さんの著書である富豪刑事のような内容かな?と思っていました。
富豪刑事はどちらかといえばコメディタッチに描かれており、ドラマもなかなか面白かったのです。そういった事からこの「貴族探偵」に関しても期待しつつ読み始めた訳ですが、いい意味で裏切られました。

まずこの小説の著者である麻耶雄嵩さんの他の作品を、私は一度も呼んだ事がありません。初めての作家の場合は文体や作風が合わない事もあるので、そうなると途中で読み進めるのが辛くなってしまうのです。しかし麻耶雄嵩さんはなかなか読みやすい、そして次の展開を期待させる文を書く方のようで、一気に読んでしまいました。

端的に言えばこの小説は「イケメンっぽいお金持ちのお坊ちゃんが、使用人に推理をさせてばっちり解決!」という内容です。事件現場の人々は「え!貴方が解決するんじゃないの!?」と驚きますが、お坊ちゃんは「まさか。労働なんて家人に任せる事」と取り合いません。推理を任される使用人は物語によって執事であったりメイドであったりと様々ですが、皆一様に完璧な推理を披露するのです。彼の振る舞いこそが「貴族」そのものであり、タイトルの「貴族探偵」の意味もこれで理解が出来るでしょう。

小説の「貴族探偵」は、全部で5話、それぞれ一話完結型となっています。読者は「貴族探偵の正体は?どうして使用人に推理をさせるのか?そもそも本当に貴族なのか?」と疑問に思いながら読み進める事になります。しかしこういった「謎」は、結局最後まで読んだ所で“解明されない”まま終わってしまうのです。そう、貴族が何者であるか、何故貴族探偵になったのか、貴族探偵の使用人の正体について、こういった謎も解き明かされません。

貴族探偵は貴族ですから、推理のようなお遊びだって使用人に任せます。貴族はそれでいいのです、だって貴族なのですから。

そんな言葉が頭をよぎるような、何だか強烈でいて面白いミステリー小説でした。

フジテレビでこの貴族探偵が、嵐の相葉雅紀さん主演でドラマ化されるようですが、それはちょっと期待大ですね。もしかすると小説では描かれなかった登場人物の心情や謎が、ドラマ版のオリジナルストーリーとして描かれるかもしれません。

 

貴族探偵 (集英社文庫)

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2017y03m31d_155256331

    2017.春ドラマ

    警視庁・捜査一課長2(ドラマ) キャスト・あらすじ・ゲスト 感想

    2017年4月13日 (木) テレビ朝日 毎週木曜日 20時~…

  2. 2017y02m21d_232428810
  3. 2017y05m13d_200622869
  4. 2017y04m08d_130544169

    2017.春ドラマ

    ツバキ文具店 ドラマ キャスト あらすじと感想

    ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~2017年4月14日(金) NH…

  5. 2017y02m13d_221002241

    2017.春ドラマ

    2017 春ドラマ 一覧

    2017年の春ドラマ主に2017年4月~6月期にあたる連続ドラ…

  6. 2017y03m05d_222434158

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP