2017y01m29d_090757586

2017.冬ドラマ

小田信夫 (空想大河ドラマ) ネプチューン  あらすじと感想


Sponsored Link

Sponsored Link

空想大河ドラマ 小田信夫

2017年2月4日(土) 23:35~ (連続全4回) NHK総合 毎週土曜日

至るところに笑いがちりばめられたかつてない味わいの時代劇。ネプチューンが2017年、3人そろってシチュエーションコメディーに挑む!

出演:ネプチューン(堀内健 原田泰造 名倉潤) 小西真奈美 他

小田信夫 堀内健

原田泰造 柴田勝夫

名倉潤 明智充

小西真奈美 お毛 (小田信夫の正室)

2017y01m29d_090757586

空想大河ドラマ 小田信夫 公式サイト

舞台は戦国時代の架空の小大名、小田家。当主は小田信夫。同時代の英雄で似た名前の織田信長を意識しつつ、こじんまりと生きている。天下統一を口にしたりもするが、あくまで口だけ。わきを固める重臣も柴田勝夫に明智充とどこかで聞いたことのあるような名前だが、本物の迫力はかけらもない。そんな小田家の面々は襲いかかるどうでもいい試練にどう立ち向かうのか?打ち取った首をどこに飾っておくか、怖いし不気味だと押し付けあう殿と家臣。本能寺の近くの寺で「人間五十年~」と始めてみたが誰も見てくれないと怒る主君などなど…。
奇妙な会話が生み出す今まで味わったことのない笑いの数々を本格的な時代劇の装いでお届けする新感覚コメディー!


Sponsored Link

Sponsored Link

 

第1回「決戦桶狭間」
総合:2017年2月4日(土)午後11時35分

永禄3年(1560)、桶狭間での大勝利に沸く小田家の武将たちを「天下は遠い、浮かれるな」と一喝する当主・小田信夫(堀内健)。重臣の柴田勝夫(原田泰造)や明智充(名倉潤)は、自分たちは戦ったのではなく、有名な織田信長の大勝利を遠くから見学してはしゃいでいただけだと反論する。正室のお毛(小西真奈美)は信夫に似た名の信長との共通点を聞くが…。

 

赤城ペンギンさん

ネプチューンの小田信夫 をそのネーミングにひかれて視聴しました。始めは普通の時代劇かと思って見ていたのですが、全体のテンポのはやさ、そして、主人公小田信夫の意外な人間性に笑ってしまいました。まず、真剣に筋を追っていると、今川義元を討った場面について、繁みから見ていただけという落ちに思わずクスット笑ってしまいました。それを契機に家来達のいいたいほうだい、それを止めるのでもなく言い訳をする小田信夫の姿に笑いがこみ上げました。そして、思わず時代劇から、現代劇へと頭が転換しました。

..

第2回「武士の威信」
総合2017年2月11日(土) 23時35分~23時50分

信夫(堀内健)は打ち取った首を前に高笑いするが、夜になっても寝室に置きっぱなしで段々怖くなってくる。柴田(原田泰造)に持って行くように頼むが断られる。明智(名倉潤)には侍女から苦情が出ていると普段の行状をたしなめられ、更に言った、言わないで柴田と大喧嘩になる。翌日、前言を翻さない柴田は切腹の命を受け、明智がとりなそうとするが信夫と柴田は武士の威信をかけて互いに後に引こうとしない。

pinpan2011さん

私はネプチューンが大好きなんです。ネプチューンがやる空想大河ドラマ?と気になってみて見ると、3人の息ぴったりのコントでしたね。ネプチューンがあのようにコントをやるなんて今はめったにないので、非常に懐かしくなりました。泰造とホリケンが子供のようにじゃれ合い、問題を起こし、名倉がつっこみ、最後はいじられて終わる。ネプチューンらしいコントでした。戦国時代を題材にしているのも個人的には面白いと思っています。次回以降が楽しみです。

第3回「黒田城攻め」
2017年2月18日(土) 23時35分~23時50分

柴田(原田泰造)は黒田城攻めを前に、敵に「鼻薬を効かせた」内通者がいると自信満々。信夫(堀内健)は「鼻薬」とは何かが気になる。さらに、満たされない自らの人生に思いが至り、城なんか攻めてどうするのかと内省する。目指すは「天下布武」と励ます明智(名倉潤)だが、「布武」の意味を聞かれ答えられない。出陣の日、信夫は「人間五十年」を踊ろうとするが誰も見に来ないので明智に怒りをぶつけ、逆に怒鳴りつけられる。

第4回「本能寺の辺」
2017年2月25日(土) 23時35分~23時50分

明智(名倉潤)が謀反を起こしたとのしらせを受け、寺から逃げるよう諭す柴田(原田泰造)やお毛(小西真奈美)に対し、逃げて間に合わなかったら恥ずかしいと逃げるそぶりもなく「人間五十年」を舞う信夫(堀内健)寺に火がかけられ、進退窮まった所に謀反人・明智が現れ、なぜ逃げないのかと怒り出す。何もかもどうでもよくなった信夫は、寺が炎上するさまを美しいと眺め、主従は燃え盛る本能寺あたりの寺でいつまでも舞い続ける

pinpan2011さん

結局何をしたかったの?という内容のドラマだった。しかしそこがネプチューンらしさ。ホリケンが好き放題やって、泰造がそれに付き合わされ、最終的に名倉がオチを付ける。ネプチューンのコント通りのドラマだったと思う。しかし今回はドラマということで最後のオチが少し残念でした。名倉演じる明智がなぜか、謀反をやめてしまう、その理由にもう少し面白みがあっても良かった気がします。でも近年行うことがなかったネプチューンのコントを見れただけでファンとしては十分です!

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y11m26d_084730244
  2. 2016y10m25d_202227372

    2017.冬ドラマ

    嘘の戦争 キャスト・ゲスト あらすじと感想 1話2話3話4話5話6話

    嘘の戦争2017年1月10日 毎週火曜日 21時~ 関西テレビ・フ…

  3. 2017.冬ドラマ

    豆腐プロレス あらすじと感想 1話・2話・3話・4話

    2017年1月21日 毎週土曜日 24時35分~放…

  4. 2016y10m25d_143759862

    2017.冬ドラマ

    2017 冬ドラマ 一覧

    2017年の冬ドラマ主に2017年1月~3月期にあたる連続ドラ…

  5. 2016y10m13d_001913736

    2017.冬ドラマ

    お母さん、娘をやめていいですか? 1話2話3話4話5/6/7/8話 あらすじと感想

    お母さん、娘をやめていいですか?2017年1月13日(金)スタ…

  6. 2016y11m08d_130150677

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP