2016y03m17d_224156524

2016.春ドラマ

昼のセント酒 あらすじ・キャスト・話数ゲスト・感想 戸次重幸 主演ドラマ


Sponsored Link

Sponsored Link

『昼のセント酒』

土曜ドラマ24 放送局 :テレビ東京系列(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)

主演は戸次重幸。「昼の銭湯&昼の酒」をテーマに描かれる大人のエンターテインメントドラマ。年齢や性別を超えて楽しめる“テレビ東京ならでは”の刺激的でクセになるエンターテイメントドラマ。

原案エッセイと同じく、東京都内を中心とした実在する銭湯と、実在する肴の美味い飲み屋が舞台になっている。そのため、リアルな情報としても参考になり、「ひとり銭湯」「ひとり飲み」の楽しみ方をつぶさに見ることのできる大人のエンターテイメント作品になっている。

作品の見どころと期待の声↓ 視聴者・コメントより

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 4/9

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 4/16

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想有 4/23

第4話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 4/30

第5話以降のあらすじ等は公式サイトにて

昼のセント酒 公式サイト あらすじ・ゲスト

※感想はコメントにて随時募集中! 話数もしくは放送日を記載して頂ければ助かります。

原案

原案は「孤独のグルメ」の原作者・久住昌之氏の痛快エッセイ。また、このドラマを原作としたコミックスが2016年4月9日に発売される。昼のセント酒 (幻冬舎単行本)

主題歌

高橋優「WEEKEND JOURNEY」。このドラマのために新たに書き下ろされた楽曲。

2016y03m17d_224156524

昼のセント酒 公式サイト

 

キャスト

内海孝之(戸次重幸)
42歳。出広告(株)の企画営業部2課。、営業成績はいつも最下位。1年前に内勤の業務部から企画営業部に異動したが、口下手で不器用、要領が悪く、押しも弱い。唯一の楽しみは、仕事をさぼって平日の昼から銭湯に入り、その後、渇いたのどにビールを流し込むこと。
2016y03m30d_195523227
CREATIVE OFFICE CUEによる公式プロフィール
※戸次 重幸(とつぎ しげゆき、1973年11月7日)俳優・演出家・タレント。ダークスーツ(2014年11月22日 – 12月27日、NHK) – 吉田幸四郎 役など

 

堂園翔子(八木亜希子)
出広告(株)の企画営業部2課。課長。内海孝之(戸次重幸)をいつも叱責している。
2016y03m30d_195137679
八木亜希子プロフィール(フォニックス)
※八木 亜希子(やぎ あきこ、1965年6月24日 – )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ニュースキャスター、女優。連続テレビ小説 あまちゃん(NHK、足立よしえ役) – 2013年4月18日 – 2013年9月28日

 

大西大輔役 (柄本時生)
内海孝之(戸次重幸)の同僚でNo1営業マン。
2016y02m21d_111639907
柄本時生プロフィール – 所属事務所ノックアウト
※ 柄本 時生(えもと ときお、1989年10月17日生まれ)俳優。父親は俳優の柄本明。母親は女優の角替和枝。俳優の柄本佑は実兄。大河ドラマ 功名が辻(2006年、NHK) – 後陽成天皇 役 Q10(2010年10月16日 – 12月11日、日本テレビ) – 藤丘誠 役 父親の柄本明と共演。八重の桜(2013年9月15日 – 12月15日) – 金森通倫 役。赤めだか(2015年12月28日、TBS) – 立川談かん 役。初恋芸人 (2016年3月15日・NHK BSプレミアム  主役佐藤賢治 役。

 

遠藤早苗役 (廣田あいか)(私立恵比寿中学)
庶務のOL。
2016y03m30d_200642512
STARDUST – スターダストプロモーション芸能3部 – 廣田あいかのプロフィール
※廣田 あいか(ひろた あいか、1999年1月31日)タレント、歌手、女優、モデルであり、私立恵比寿中学のメンバー。テレビドラマ出演はほぼ初出演。映画では たまこちゃんとコックボー(2015年3月28日) – 主演・星野ひよ子。など


Sponsored Link

Sponsored Link

 

堀口直人(金子大地)
2016y03m30d_200921345
アミューズによるプロフィール
※金子 大地(かねこ だいち、1996年9月26日)俳優・モデル。臨床犯罪学者 火村英生の推理 第8話(2016年3月6日、日本テレビ)など

 村井良夫 (塩山誠司)

2016y04m03d_023800330

塩山誠司 – 劇団俳優座

※塩山誠司 2月10日生まれ 劇団俳優座1990年入団 ※NHK連続テレビ小説「まれ」出演。また方言指導も行う。

 

あらすじ

勤務先は日の出広告(株)の企画営業部2課。1年前に内勤の業務部から企画営業部に異動したが、口下手で不器用、要領が悪く、押しも弱い。そんな性格がわざわいして、営業成績はいつも最下位。課長の堂園翔子(八木亜希子)からは、いつも叱責されている。
そんな内海の唯一の楽しみは、仕事をさぼって平日の昼から銭湯に入り、その後、渇いたのどにビールを流し込むこと。勤務時間中という後ろめたい気持ちもありながら、銭湯を見つけると、その誘惑には抗えない。
今日も会社に「急用が入ったので…」と言い訳の電話をすると、意気揚々と銭湯の門をくぐる。入浴料460円を払い、スーツを脱ぎ、浴場に入ると内海にとって最高の瞬間が待っている…。

毎回ゲストが出演する。


作品の見どころと期待の声 視聴者・コメントより

teikさんより

シリーズ化され大人気ドラマとなった「孤独のグルメ」の久住昌之さん原案漫画のドラマ化です。主演は,チーム・ナックスの戸次重幸さん。チーム・ナックスは,大泉洋さんらが所属する大人気演劇ユニットで,6万枚の公演チケットが即日完売されたことから,“日本一チケットが取れない”と称されているほどの人気の劇団です。そのメンバーである戸次さんも,バラエティからシリアスまで幅広くこなす実力派俳優です。プライベートでは料理上手の1面もあり,食に関する思いは強くグルメドラマにはピッタリです。ドラマでは,戸次さん演じる広告マンが,仕事をさぼり昼間から銭湯で汗を流し,飲み屋でビールを楽しむというストーリーです。劇中の銭湯や飲み屋は実在するもので,タウン情報的な要素も詰まっており要チェックです。

第1話 あらすじとゲスト

京成小岩 鶴の湯からのレバフライ

日の出広告(株)の企画営業部2課で働くサラリーマン・内海孝之(戸次重幸)は、今月もまた営業成績最下位。上司の堂園(八木亜希子)の叱責を受け、京成小岩まで飛び込み営業に行くことにした。しかし営業先ではことごとく、けんもほろろにあしらわれ惨敗の結果に終わる。そんな落胆する内海の前に現れたのは、住宅街の中にそびえたつ巨大な煙突だった。しばし葛藤する内海だがやはり誘惑に逆らえず、会社に「ノーリターン」と電話をすると、意気揚々と煙突をめざし走り出すのであった。たどり着いたのは城のごとき荘厳な佇まいの銭湯「鶴の湯」。額に汗して自動販売機の飲料を入れ替える作業員を横目に、再び罪悪感に襲われ自問自答する内海だったが「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった…。

温水洋一
2016y03m17d_223653810
ワン・ツゥ・スリー – 所属事務所(公式プロフィール)
※温水 洋一(ぬくみず よういち、1964年6月19日)俳優、タレント。頭髪が薄くなっている事をネタにされ、また自虐的にネタとして扱っている。、明石家さんまから「ぬっくん」という愛称をつけられた。大河ドラマ (NHK)利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年) – 遠藤直経 役 龍馬伝(2010年) – 岡上樹庵 役 平清盛(2012年) – 佐伯景弘 役 真田丸(2016年) – 小山田信茂 役 ナレーション 「バカ昔ばなし」アニメDVD(2011年~13年)

teikoさんより

成績最下位ながら仕事中に銭湯。あり得ない行動ですが,お風呂セットをバックに忍ばせている確信犯!ずる賢いところは,少しコミカルな戸次さんにハマってます。随所にちりばめられている心の声に大いに共感。ビールを飲んだ後のクサい小芝居がなぜか上手いと感じる。演技派なのか良くわからない妙な演技が良いです。課長役は八木亜希子さん。八木さんといえば,大ヒット朝ドラ「あまちゃん」で親友・ユイちゃんの失踪する母親役で出演しておりましたが,あの頃はかなり不自然な演技でした。それから見たら格段の上達です。こんな上司アルアルと思える課長でした。

第2話 あらすじとゲスト

代々木上原 大黒湯 からのソーセージ5種盛り合わせ

日の出広告(株)の企画営業部2課で働くサラリーマン・内海孝之(戸次重幸)は、今週も課の中で一人売り上げを立てられず、上司の堂園(八木亜希子)からプレッシャーをかけられていた。とか結果を出すべく、何度も足を運んでいた代々木上原の不動産屋へと営業に行くことにした内海は、粘りの交渉で発注を決める。その勢いでさらにもう一軒飛び込みで営業をかけると、なんと運よく二つ目の発注もきまり思わずガッツポーズを決めると、視線の先に「大黒湯」とかかれた小さな看板を目にするのであった。まだ日は高いが、頑張った自分へのご褒美にと銭湯に入ろうと決心。駅近くの狭い路地を分け入った先にあったのはマンションの一階部分に作られた銭湯「大黒湯」。「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった…。

第2話ゲスト
木本武宏(TKO) 木下隆行(TKO)

2016y04m10d_140829412

TKO – 松竹芸能株式会社

TKO お笑いコンビ

木本 武宏(きもと たけひろ)【写真左】
本名 木本 武宏(きもと たけひろ)
生年月日 1971年5月6日
出身地 大阪府

木下 隆行(きのした たかゆき)【写真右】
本名 木下 隆行(きのした たかゆき)
生年月日 1972年1月16日
出身地 大阪府

teikoさんより

大人気のチームナックスですが,戸次さんの主演作を見るの初めてで期待大でした。今回の銭湯は「大黒湯」。大黒さまや招き猫,輪ゴム付きロッカーキー,瓶入り牛乳と昭和レトロ満載で,良い雰囲気です。入浴前にキッチリかけ湯するあたりが,プライベートでは几帳面なきれい好きで有名な戸次さんの素を見ているよう。内海の妄想シーンがコミカルで笑えます。料理上手な戸次さんを知るせいか,つまみ選びにセンスを感じます。銭湯,ビールの魅力満載で,すぐにでも体験したくなります。八木さんの辛口課長がハマっておりました。

第3話 あらすじとゲスト

京急蒲田 蒲田温泉 からの汐焼きそば

蒲田にある得意先で総務課長と向き合っている、日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)。何度となく足を運び地道に提案を重ねてきたのだが、経費削減のため広告はすべて中止になったと告げられてしまう。一旦は落ち込んだものの、気持ちを入れ替え再び飛び込み営業をしようと気合を入れた内海の視線の先に「蒲田温泉」の看板が現れる。東京都で最も銭湯が多いと言われる大田区の中でも、多くの銭湯ファンに愛され高い人気を誇る「蒲田温泉」。今まさに大口の顧客を落としてしまい、必死で挽回しなくてはならないタイミングだと自分に言い聞かせる内海。しかし、頭ではわかっていながらも都合の良い言い訳で自分をごまかし「今日だけは、ということで」とつぶやくと、ネクタイとシャツのボタンを外し、のれんをくぐるのだった…。

古舘寛治
2016y04m17d_083436749
事務所内プロフィール
※(ふるたち かんじ、1968年3月23日)俳優。植物男子ベランダー – 田中惣太郎 役。映画 2016年
セーラー服と機関銃 -卒業-(前田弘二監督) – 真淵 役 など

永田裕志(新日本プロレス)
2016y04m17d_083935349
新日本プロレス 公式プロフィール
※(ながた ゆうじ、1968年4月24日)男性プロレスラー。敬礼ポーズは2000年頃から使われ始め、永田の代名詞。テレビドラマ『怪盗ロワイヤル』(2011年、TBS)最終話に本人役で出演。

teikoさんより

 

内海は相変わらずで,お得意様の名前は忘れ,やっと思い出したあげくに間違える。皮肉も通じぬお気楽ダメ人間っぷり が光ります。パターン通りに偶然見つけた銭湯は「蒲田温泉」。これまでとは違い少しモダン。が,中は相変わらずの銭湯ワールド。小心者のくせに,銭湯だと ホーム感覚で強気に出られちゃうあたりがなんだか可愛い。戸次さんだからこその憎めないキャラ!ひげの老人を「お湯仙人」と命名するなど小ネタも冴えてま す。今回の料理は「汐焼きそば」。塩ではなく汐というところにこだわりを感じます。幸福絶頂の所でリターン命令…。カラオケの喧噪の中,仕事を始める内 海。強者っぷりに脱帽しました。

 

第4話 あらすじとゲスト

祖師ヶ谷大蔵そしがや温泉21→アンチョビピザ

<第四湯 祖師ヶ谷大蔵 そしがや温泉21からのアンチョビピザ> 日の出広告(株)の営業マン・内海孝之(戸次重幸)は、祖師ヶ谷大蔵の畑で大根の収穫を手伝っていた。「大蔵大根」のPRをしたい生産者から何とか発注をもらうべく必死で頑張るのだが、やはり結果は出ない。それでも前向きに営業をしようと目の前の酒屋に飛び込み営業をかけるが、肝心の社長は不在で、たまたま居合わせたバイトの男に逆に将来を心配されてしまうのだった。まずは今週の数字を作らなくては、と気合を入れなおす内海だったが、脇道に「天然温泉」の看板を見つけてしまう。祖師ヶ谷大蔵の商店街の脇にある、近代的な外観と天然温泉、そして豊富な設備が整った銭湯「そしがや温泉21」。上司の顔が脳裏に浮かんでくるものの、やはり誘惑には勝てず「帰社時間未定」と会社に電話をする内海。自分と同じサラリーマンが必死に働く姿を見かけ一瞬葛藤するものの「今日だけは、ということで」とつぶやくと、のれんをくぐる。かけ湯をして広々とした湯船につかると、思わず「申し訳ない!」と至福の言葉をつぶやくのだった…。

 

第4話ゲスト

岡本信人
2016y04m24d_092016625
公式プロフィール
※岡本 信人(おかもと のぶと、1948年1月2日)中学2年の時に劇団ひまわりに入団。1962年のNHKドラマ『福澤諭吉』で子役デビュー。『肝っ玉かあさん』出演を機にTBSホームドラマの名脇役として『ありがとう』『渡る世間は鬼ばかり』などに出演。石井ふく子プロデュース作品の常連。橋田ファミリーの一員にも数えられる。「野草を調理して食べる」という一風変わった趣味。

岩井ジョニ男(イワイガワ)
2016y04m24d_092439215
浅井企画内プロフィール
※イワイガワは浅井企画所属のお笑いコンビ。岩井 ジョニ男(いわい じょにお) (19??年4月27日)ピッチリ横分け黒縁眼鏡、背広にチョビヒゲという『昭和のサラリーマン』風の出で立ち。爆笑オンエアバトル(NHK総合)戦績14勝1敗 最高525KB。

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y03m02d_220108215
  2. 2016y02m29d_233620182
  3. 2016y02m26d_225831912
  4. 2016y02m24d_230819974
  5. 2016y02m26d_091552761

    2016.春ドラマ

    99.9―刑事専門弁護士― キャスト・ゲスト・あらすじ・感想 主演 松本潤

    99.9―刑事専門弁護士―日曜劇場 2016年4月17日 21時 …

  6. 2016y02m28d_230503310

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP