2016y02m28d_162141847

2016.春ドラマ

月9 ラヴソング 感想・あらすじ・キャスト 福山雅治 ヒロイン藤原さくら


Sponsored Link

Sponsored Link

ラヴソング

2016年4月11日~毎週(月)午後9時~9時54分 フジテレビ

ドラマでも一番注目される月9は福山雅治主演のラヴソング 。福山雅治が連続ドラマ主演は2013年4月期『ガリレオ』以来3年ぶりとなる。そして注目のヒロイン役は藤原さくら。藤原さくらはシンガーソングライターで今回、このヒロイン・佐野さくら役のオーディション約100名の中から選ばれた。

 

あらすじ

元プロミュージシャンで企業カウンセラーとして働いている 神代広平(かみしろ・こうへい)/(福山雅治)(44)が、ある孤独を背負った女性と出会い、音楽を通して心を通わせ、失いかけた人生を取り戻す物語。感動のヒューマン&ラブストーリー。

※感想は随時コメントより募集しております。

作品の見どころと期待の声↓ 視聴者・コメントより

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想 4有 4/11

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想 有 4/18

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 4/25

第4話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 5/2

第5話以降のあらすじは公式サイトにて

ラヴソング 公式サイト あらすじ

ラヴソングの後番組は 桐谷美玲 主演 の 好きな人がいること 7月放送開始

好きな人がいること キャスト あらすじ 桐谷美玲 主演ドラマ

桐谷美玲/山崎賢人/三浦翔平/野村周平

 

※感想はコメントにて随時募集中! 話数もしくは放送日を記載して頂ければ助かります。

 

2016y02m28d_162141847

ラヴソング 公式サイト

 

キャスト

神代広平(44) (福山雅治)
現在は企業カウンセラーとして働いているが、元プロミュージシャン。、自らの才能の限界に打ちのめされ、音楽業界を離れていたが、ある日、ひょんなことから佐野さくら(藤原さくら)の歌声を耳にすることになる。彼女との出会いによって“もう一度自分を試したい、認められたい”と考えるようになる。彼女を通して再び音楽と向き合った時、モノトーンだった神代の人生が少しずつ色付き始める。
2016y02m27d_223216762
福山雅治 – アミューズ オフィシャル ウェブサイト

※福山 雅治(1969年2月6日生まれ)シンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、音楽プロデューサー。所属事務所はアミューズ、ファンクラブの名称「BROS.」愛称はましゃ。妻は女優の吹石一恵。映画「ほんの5g」にて19歳で俳優デビュー。1993年4月『ひとつ屋根の下』に出演、最高視聴率37.8%。『いつかまた逢える』で、ドラマ初主演。その他主なテレビドラマ出演は『ひとつ屋根の下2』(1997年)『めぐり逢い』(1998年)『パーフェクトラブ!』(1999年)『美女か野獣』(2003年)『ガリレオ』(2007年・2013年)『龍馬伝』(2010年)。など

 

佐野さくら (藤原さくら)
広島の児童養護施設で育ち、孤独を背負って生きてきた。現在は大型車の整備・販売会社の整備部で働いている。人とコミュニケーションを取るのが苦手な性格で、自分の人生に嫌気が差している。ある日、社内で起こったある出来事をきっかけに、社内に勤務する企業カウンセラーのもとへいく。そこにいたのが企業カウンセラーとして働いていた神代広平(福山雅治)だった。

ひょんなことから神代は、さくらの歌声を耳にすることになり、彼女には音楽の神様が与えてくれた“歌声”という天賦の才能を知る。さくらは神代と出会い、歌を通じて自己表現することを知り、。神代との出会いが、彼女に生きる希望を与え、少しずつ心を開き、その想いは次第に恋心へと変わっていく。

2016y02m27d_225038486

藤原さくらオフィシャルサイト

※藤原 さくら(1995年12月30日生まれ )シンガーソングライター。所属事務所はアミューズ。高校時代、3枚のミニアルバムをリリース。2015年3月18日には、SPEEDSTAR RECORDSよりミニアルバム『[à la carte』でメジャーデビュー。女優歴は全くなく、初出演でヒロイン役と大抜擢。オーディション約100名の中から選ばれた。

 

天野空一 (菅田将暉)

佐野さくら (藤原さくら)に思いを寄せる児童養護施設時代からの幼馴染。虐待を受けていた影響から人を信用できない、必要以上に粗暴に見せてはいるものの、根は優しく、純粋な男。調理師専門学校に通う。
2016y03m18d_233426163
トップコートによる紹介ページ
※菅田 将暉(すだ まさき、1993年2月21日 )俳優。2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される。仮面ライダーW(2009年9月6日 – 2010年8月29日、テレビ朝日) – 主演・フィリップ〈園咲来人〉 / 仮面ライダーW(声) 役 で初出演にて初主演。仮面ライダーシリーズ最年少。連続テレビ小説 ごちそうさん 第17週 – 最終週(2014年1月27日 – 3月29日、NHK) – 西門泰介 役 死神くん(2014年4月25日 – 6月20日、テレビ朝日) – 悪魔 役 民王(2015年7月24日 – 9月18日、テレビ朝日) – 主演・武藤翔 役 CM Cygames「グランブルーファンタジー」(2015年12月 -)「グラブってる?」


Sponsored Link

Sponsored Link

 

 

中村真美 (夏帆)

2016y02m28d_152818100

所属事務所公式プロフィール

※夏帆(かほ、1991年6月30日 生まれ )女優、タレント、ファッションモデル。『ピチレモン』(2003年から2005年)やジュニアアイドル誌『Pure2』などでモデルを務める。三井のリハウスの11代目リハウスガール。『ケータイ刑事 銭形零』(2004年10月 – 2005年3月、BS-i)で主演。2007年、主演映画『天然コケッコー』で日本アカデミー賞や報知映画賞をはじめ、多数の新人賞を受賞。2009年、連続ドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』、『オトメン(乙男)〜秋〜』でヒロイン。わたしのウチには、なんにもない。(2016年2月 – 、NHK BSプレミアム) – 主演・ゆるりまい 役。

渡辺涼子 (山口紗弥加)

2016y03m18d_233932482
公式プロフィール – 所属事務所FLaMme
※山口 紗弥加(やまぐち さやか、1980年2月14日)女優・タレント。。1994年、14歳の時に日清食品「どん兵衛」でテレビCMデビュー。若者のすべて(1994年10月 – 12月、フジテレビ) – 原島妙子役でテレビドラマデビュー。それぞれの作品に欠かせない名バイプレーヤーとして女優活動中。コウノドリ(2015年10月16日 – 12月18日、TBS) – 新井恵美役。サイレーン 刑事×彼女×完全悪女(2015年10月20日 – 12月15日、フジテレビ) – 千歳弘子役 など。
滝川文雄 (木下ほうか)

2016y02m24d_135856423

株式会社キャストパワー(所属事務所のプロフィール)

※ 木下 ほうか(きのした ほうか、1964年1月24日生まれ)痛快TV スカッとジャパン(2014年10月20日 – 、フジテレビ)- イヤミ課長シリーズで大ブレイク。ふなっしー探偵(2016年1月7日、フジテレビ) – 馬場課長 役でも出演。ナイトヒーローNAOTO(2016年4月 – 、テレビ東京) – 田之上裕三 役、ドクターカー (2016年4月7日- 日本テレビ系) 田所 行雄 役でも出演する。

 

星田和夫 (渋川清彦)

2016y02m28d_155515841

プロフィール - ディケイド

※渋川 清彦(1974年7月2日生まれ)KEE(旧芸名)。テレビドラマ『ケイゾク』『外事警察』『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』『空飛ぶ広報室』 など

 

野村健太 (駿河太郎)

2016y02m28d_155954758

※駿河 太郎(するが たろう、1978年6月5日 – )ミュージシャン、俳優。父親は落語家の笑福亭鶴瓶。大河ドラマ(NHK)龍馬伝 第4話 – 最終話(2010年1月24日 – 11月28日) – 野上清吉 役、平清盛 第14話 – 最終話(2012年4月8日 – 12月23日) – 平経盛 役、荒川アンダー ザ ブリッジ(2011年7月26日 – 9月27日、MBS) – ラストサムライ 役、釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜(2015年10月23日 – 12月11日、テレビ東京) – 鈴木昌之 役 など

 

増村泰造 (田中哲司)

2016y02m28d_160654245

鈍牛倶楽部内プロフィール

※田中 哲司 1966年2月18日生まれ。妻は女優の仲間由紀恵。舞台・映画ともに出演が多い。龍馬伝(2010年) – 徳川慶喜 役、軍師官兵衛(2014年1月 – ) – 荒木村重→道糞→道薫 役、ATARU(2012年4月 – 6月、TBS) – 渥見怜志 役、夜行観覧車(2013年1月 – 3月、TBS) – 高橋弘幸 役 など。

 

湯浅志津子(由紀さおり)
2016y03m18d_234544409
由紀さおり・安田祥子 安田音楽事務所 公式サイト
※由紀 さおり(ゆき さおり、1948年11月13日 )歌手、タレント、女優、ナレーター。歌手では紅白歌合戦出場歴は合計23回出場している。8時だョ!全員集合(1969 – 1985年) – 常連ゲスト(歴代ゲスト出演回数ベスト10入り、最終回も出演している)テレビドラマ出演はおやじの背中(2014年) – 小泉秋子 役以来の出演だが、今までに数十本と出演している。

 

笹裕司 (宇崎竜童)

2016y02m28d_161302108

宇崎竜童公式ホームページより

※宇崎 竜童(1946年2月23日 – )ロック歌手、作曲家、俳優、映画監督。1973年、「ダウン・タウン・ブギウギ・バンド」を結成。曽根崎心中(1978年 映画初主演)TATTOO<刺青>あり(1982年) – 主演。竹田明夫 役。

 

宍戸夏希 (水野美紀)

2016y02m28d_161803283

水野 美紀 オフィシャルサイト

※水野 美紀(1974年6月28日生まれ)1987年、中学1年の時に『第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト』に出場し、準優勝。1991年にはオリジナルビデオ『くノ一忍法帖』シリーズにくノ一役で出演。1992年、化粧品「コーセー ルシェリ」のCMに俳優・唐沢寿明と共演、「チューして」という台詞が話題を呼ぶ。『踊る大捜査線』『彼女たちの時代』『女子アナ。』『初体験』『恋人はスナイパー』など出演。


作品の見どころと期待の声 視聴者・コメントより

TATIさんより

なんと言っても、福山雅治さん久しぶりの月9主演に期待せずにはいられません!相手役の藤原さくらさんは、十代より歌手として活動されているそうですが、弱冠二十歳にしてヒロインに大抜擢。演技のほどは見てからのお楽しみですが、バラエティ番組で披露していた歌声は素晴らしかったです。結婚後初の連ドラ主演となる福山さんと、輝かしい女優デビューを飾る藤原さん。共に俳優・歌手と二足の草鞋を履いている二人の共演を早く見たいです。

第1話 あらすじ

神代広平(福山雅治)はプロのミュージシャンだったが、今は別の仕事をしている。独身で定住はせず、持ち前のルックスを活かして女性の家を転々とする生活。この日も、そろそろ潮時と感じた女性に別れを告げ、少ない荷物とギターケースを担いで出て行った。
佐野さくら(藤原さくら)は、大型車販売店の整備工場で整備補助として働いている。愛想は良いのだが、まともな返事が出来ないのか上司の滝川文雄(木下ほうか)に、いつも注意されていた。また、さくらは仲間たちとも、あまり会話をしない。さくらへの注意を終えた滝川が、先生と呼んで挨拶したのが神代。神代は企業カウンセラーとしてこの会社に週2日で勤務していた。

仕事を終えた神代はライヴハウス『S』へ。オーナーの笹裕司(宇崎竜童)には、神代が女性と別れただろうと即座に見抜かれてしまう。神代は当面の宿を笹に頼むが、うちはダメだと断られてしまう。神代の以前の仲間たちも、みんな結婚しているので頼りにくい。笹はまた宍戸夏希(水野美紀)に頼めば良いと神代に促す。夏希に頼むのは気がひける様子の神代はマンガ喫茶に一夜の宿を求める。しかし、どうにも居心地が悪い。仕方なく、夏希の家に転がり込むことになった。

そんなある日、さくらは職場でミスをしてしまう。仕事仲間とのコミュニケーション不足を案じる滝川は、さくらを神代に診てもらうことに。神代は人と話すのが苦手そうなさくらに優しく対応する。

その後、さくらが児童養護施設時代からの姉代わり・中村真美(夏帆)と一緒に暮らす家に帰ると、同じく幼なじみの天野空一(菅田将暉)が来ていた。そこでさくらは、真美からあることを頼まれる。

第1話感想

チョコさんより

福山さんのファンなので久しぶりの連ドラをとても楽しみにしていました。正直、福山さんさえ見られればよくて(笑)、ストーリーには期待していなかったのですが、第1話目でめちゃめちゃ泣きました!ヒロインのさくらが吃音のためになかなかうまく言葉を発せないんだけど、歌はすごくうまく歌えて…。初めて人前で歌声を披露したシーンが、すごく感動的で涙ボロボロでした。やはりコンプレックスをもっている人間像の方が、共感ができて、また観たくなります。それと…。冒頭の福山さんのベッドでのシーンはドキドキで、胸キュンでした。

 

snonさんより

福山雅治が出るので期待していました。相変わらずのかっこよさと色気についつい引き込まれていきました。第1話なので、福山雅治演じる心療内科の医者で、過去にバンドマンだった彼の生き方が断片的にしかまだわからないので、来週の放送を見たくなりました。バンドのメンバーとの関わりと、吃音の女の子とどのように関連付けられていくのか楽しみです。ただ、ドラマ内で女の子と、医者が偶然に街中で出逢う場面があまりにも多く、「こんなに偶然に会わないだろう」と思ってしまいました。

おぴやさんより

福山雅治さん演じる神代広平。ギターを弾くシーンがあるのですが、ギターの得意な福山さんが実際に引いています。久しぶりに福山さんがドラマに出るということで、期待値も高まっているなかでの第一話でした。そんな中、福山さんと同じく注目を集めたのが、ヒロイン役の藤原さくらさんです。役では病気の女の子を演じますが、歌うことを通して克服に挑戦します。第一話の最後で歌ったシーンは、とても印象的で、エンディング曲も彼女が歌っています。来週の第二話からも楽しみです。

EmiEさんより

タイトル自体に魅力は感じませんでしたが、福山雅治が久々に月9に出るということと、相手の女優さんがまったく知らない方だったので見てみました。主人公お二人とも恋人を過去になくされていたり、吃音で苦しんでいたり、これから色々ストーリーが展開しそうで、単にラブストーリーという感じじゃなかったのが逆に興味を感じました。さくらが口ずさんでいた歌の感じとか、前の月9の主題歌とちょっと雰囲気が似ているような・・・。最近、もの静かなしっとりした曲が人気なんですかね・・・。

 

第2話 あらすじ

神代広平(福山雅治)はライブハウス『S』で宍戸夏希(水野美紀)たちと飲んでいる。ステージでは若手バンドが演奏。そんな中、マスターの笹裕司(宇崎竜童)が、ダイヤの原石のようなミュージシャンはいないものかと愚痴る。『S』ではライブ出演者を募集していた。一瞬、顔を見合わす神代と夏希。しかし、増村泰造(田中哲司)が若手バンドに絡み、現場は乱闘騒ぎになってしまった。
佐野さくら(藤原さくら)は天野空一(菅田将暉)のアパートへ。以前、空一に売りつけたギターを取り戻すためだ。返す、返さないと揉めた挙句、ギターを手にしたさくらは楽しそうに帰って行く。

翌日の昼休み、同期と食事していたさくらは神代に声をかけられた。医務室へ行ったさくらに、神代は夏希が来て欲しいと言っていたと伝える。返答しないさくらだが、神代が自分も一緒に行くと言うと目を輝かせた。
神代と2人でのお出掛けに、さくらは“デートっぽいやつに行く”と中村真美(夏帆)にメール。その時、真美は空一に手伝ってもらい、結婚準備のため洋服などの整理をしていた。

夏希に会う前に、神代とさくらは食事。神代はさっさと注文を済ませるが、さくらは中々出来ない。後ろの客に急かされ焦るさくらは、神代と同じものを注文。すると神代はさくらに、本当は何を食べたかったのかと尋ねる。答えるさくらに、神代は注文にかかるのは7秒だと言う。7秒に自信を持てる勇気が出ればと、神代は続け…。

 

ELSさんより

広平の俺は関係ないっていう感じが、カッコイイですね。関係ないという素振りをしながらも実は物凄く気にしているところ。それは広平というよりも福山という感じがします。さくらの広平への思いもわかりやすい。広平みたいなカッコイイ人が近くにいたら恋に落ちてしまうのも仕方がないが、思ったより恋が始まるのが早かったな、と思いました。夏希のおせっかいぽくて、ぐいぐい接してくるので、さくらや広平が今後起こす拒否反応を、ハラハラしながらしながら見ています。そして、広平は夏希の気持ちをどう受け止めて行くかも見どころだと思います。

 

 

第3話 あらすじ

神代広平(福山雅治)は、営業前の『S』に佐野さくら(藤原さくら)を連れて行きライブに向けての練習をする。客はいないが、初めてステージに立つさくらは緊張。世間話で緊張をほぐそうとする神代だが、さくらはためらったまま。そんな神代にクライアントから電話が入る。店の外に出て電話を済ませた神代が戻ると、さくらが独りで熱唱していた。そんなさくらに見入ってしまう神代。神代の視線に気づいたさくらは、恥ずかしそうに微笑んだ。
中村真美(夏帆)は、野村健太(駿河太郎)の実家へ挨拶に行く。野村の運転する車で向かう途中、楽しそうに男と歩くさくらを発見。その時、真美はその男が神代だと野村に教えられた。

夜、アパートに帰ったさくらは、真美に神代との関係をからかわれる。神代への想いを否定しきれないさくらは、誤魔化すようにライブで歌うためだと真美に告げる。遊びに来ていた天野空一(菅田将暉)は興味なさそうにしているが…。

一方、神代は宍戸夏希(水野美紀)に、さくらとライブに出ることを教えていなかったことを咎められる。さくらは夏希のクリニックで治療を再開することになっていた。また、夏希には頑なにステージを避けてきた神代の変化も気になる様子。夏希はクライアントとの距離感を考えた方が良いと、神代をからかうように忠告する。
次の日、さくらは同僚から神代が独身だと聞いて嬉しくなる。その気持ちで、夏希のクリニックに行ったさくらは…。

第4話 あらすじ

神代広平(福山雅治)は、宍戸夏希(水野美紀)や他の女性たちの家を転々とすることをやめて部屋を借りた。引越しは、増村泰造(田中哲司)、星田和夫(渋川清彦)、そして天野空一(菅田将暉)にも手伝ってもらったため、神代はライブハウス『S』で慰労会を行う。  4人が飲んでいると、夏希が神代の忘れ物を届けに来た。神代と夏希の関係を詮索する空一だが、2人はいわゆる恋愛関係などは否定。納得できない空一に、笹裕司(宇崎竜童)は大人には男女の垣根を越えた関係もあると告げた。そんな話をしていると、店に1人の女性が入ってきて神代に名刺を差し出す。その女性、水原亜矢(りょう)の肩書きは、レコード会社のものだった。  その頃、アパートにいた佐野さくら(藤原さくら)は、中村真美(夏帆)の傍でギターの練習をしていた。さくらが真美から神代への想いをからかわれていると、空一が飛び込んで来る。そして、空一は水原がさくらをスカウトしに来たことを伝えた。無理だと拒否しようとするさくら。だが、空一の話から神代が夏希とは何でもなかったと聞いて…。  『ビッグモービル』の屋上で、神代とさくらはスカウトの件を話し合う。怪しい会社ではと疑うさくらに、神代は大きなレコード会社だから大丈夫だと請け負った。さらに、プロになれる可能性もあると言われたさくらは、レコード会社の人物と会うことになり・・・。

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y02m26d_091552761

    2016.春ドラマ

    99.9―刑事専門弁護士― キャスト・ゲスト・あらすじ・感想 主演 松本潤

    99.9―刑事専門弁護士―日曜劇場 2016年4月17日 21時 …

  2. 2016y02m21d_144137581

    2016.春ドラマ

    お迎えデス。あらすじ・キャスト・ゲストと原作。感想も 福士蒼汰主演ドラマ

    お迎えデス。日本テレビ 福士蒼汰主演4月16日放送スタート…

  3. 2016y02m26d_225831912
  4. 2016y02m27d_181029483

    2016.春ドラマ

    2016 春ドラマ おすすめ一覧 投票有 ランキング

    2016年 春ドラマの一覧です。3月から放送開始のものも一覧に入れてあ…

  5. 2016y03m05d_232841853
  6. 2016y03m10d_163645119

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP