2016y02m26d_225831912

2016.春ドラマ

トットてれび キャスト・あらすじ・原作 NHK土曜ドラマ 黒柳徹子役は満島ひかり


Sponsored Link

Sponsored Link

トットてれび

NHK 土曜ドラマ 2016年4月30日より放送開始 放送時間は 20:15~20:43 で全7回放送

【再放送】

2016年10月23日(日)より 連続7回 毎週日曜日
2016年10月23日(日)第1・2回 午後4時30分から 2本立て
2016年10月30日(日)第3・4回 午後4時30分から2本立て
2016年11月6日(日)第5・6・7回 午後4時から3本立て
BSプレミアム

 

原作

原作は「トットチャンネル」に加え「トットひとり」も原作に加えられる。

キャスト

各回 ゲスト

各回 挿入歌

作品の見どころと期待の声↓ 視聴者・コメントより

第1話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想

第2話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想

第3話 ゲスト出演者/ あらすじ↓  感想

第4話 ゲスト出演者/ あらすじ↓  感想

第5話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想

第6話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想 2つ

第7話 ゲスト出演者/ あらすじ↓ 感想  最終話

 

今後のNHK 土曜ドラマは 2016年9月下旬にNHK総合 毎週21時~20時13分【全4回】

【出演】尾野真千子 長谷川博己 黒島結菜 満島真之介 竹中直人 舘ひろし ほか

夏目漱石の妻 キャスト あらすじ 感想

 

※『トットチャンネル』は、黒柳徹子の自伝エッセイで『窓ぎわのトットちゃん』の事実上の続編
原作 時系列で並べると 「窓際のトットちゃん」(1981年)。「トットチャンネル」(1984年)。トットひとり(2015年)
その他 単著 だけでも20冊以上ある。

ちなみに「窓際のトットちゃん」は単行本・文庫本を合わせて累計800万部を発行。日本国内において「戦後最大のベストセラー」。ただし、黒柳によれば「校長先生を演じられる人はいない」という理由で、映像化の話は全て断っている。

『トットチャンネル』は黒柳がNHKの放送劇団に入団して以降、テレビ草創期の現場でのドタバタに巻き込まれる様子を描いている。なお、『トットチャンネル』は 1987年に映画化されており斉藤由貴が演じている。

 

2016y02m26d_225831912

トットテレビ 公式サイト

 

あらすじ・概要

テレビドラマは、テレビ放送が始まった昭和28年にNHK専属テレビ女優1号となって以来、テレビとともに歩み続けた黒柳徹子が、ドラマが生放送だった時代・草創期から今日まで、お茶の間に笑いと涙を届けてきた自身と支えてきた、多くの人々との交流を描く愛と感動のファミリードラマ。また、未来からやって来た100歳の黒柳徹子に扮して本人も出演する。玉ねぎヘア誕生の瞬間やNYでの留学生活、華麗なコスチュームも再現する。

キャスト

黒柳徹子 – 満島ひかり(百歳の徹子:黒柳徹子)
2016y02m26d_220339987
ユマニテ公式プロフィール
※満島 ひかり(みつしま ひかり、1985年11月30日生まれ)フランス系アメリカ人の祖父をもつクォーター。妹はモデルの満島みなみ。上の弟は俳優の満島真之介。「Folder」→「Folder5」→活動休止後「満島ひかり」名義で芸能活動を再開。女優としては長らく芽が出なかったが、映画 愛のむきだし(2009年)ヨーコ(尾沢洋子) 役 で注目を集める。モテキ(2010年7月16日 – 10月1日、テレビ東京) – 中柴いつか 役、ごめんね青春!(2014年10月12日 – 12月21日、TBS) – 蜂矢りさ 役 など また ど根性ガエル(2015年7月)では – ピョン吉 役(声)と珍しい?役を演じた。

渥美清 – 中村獅童
2016y02m26d_221235549

中村獅童 公式ブログ
※中村獅童1972年9月14日生まれ)歌舞伎役者、俳優、声優。父は元歌舞伎役者の初代中村獅童。映画『ピンポン』で準主役の「ドラゴン」の役を射止め、日本アカデミー賞、ゴールデン・アロー賞(映画新人賞)、ブルーリボン賞、日本映画批評家大賞、毎日映画コンクールの各新人賞5冠を受賞。レッドクリフ PartII -未来への最終決戦-(2009年) – 甘興(かんこう) 役。振り子(2015年) – 主演・長谷川大介 役など

向田邦子 – ミムラ

2016y02m26d_222104987

所属事務所による公式プロフィール

※ミムラ 1984年6月15日生まれ 2003年フジテレビの月9ドラマ史上初のヒロイン公募オーディションにおいて1万人以上の応募者の中からヒロインに選ばれ、同年10月より放送の『ビギナー』で女優としてデビュー。銭ゲバ(2009年1月 – 3月、日本テレビ系) – ヒロイン・三國緑 役、コールセンターの恋人(2009年7月 – 9月、テレビ朝日) – ヒロイン・青山響子 役、江〜姫たちの戦国〜 (2011年1月 – 12月、NHK大河ドラマ) – 細川ガラシャ 役、おまえなしでは生きていけない〜猫を愛した芸術家の物語〜第3回 向田邦子 ボクだけが見た彼女の涙(2011年6月29日、NHK BSプレミアム) では 主演・向田邦子 役を演じている。
伊集院ディレクター – 濱田岳

2016y02m26d_222524329

スターダストプロモーション > 濱田岳

※濱田 岳(はまだ がく、1988年6月28日。 1998年、ドラマ『ひとりぼっちの君に』で子役デビュー。ダウンタウンの浜田雅功演じる主人公と同居を始める少年、日比野雄大役を演じた。平成夫婦茶碗(日本テレビ) – 金本運 役。3年B組金八先生(TBS) – 狩野伸太郎 役。信長協奏曲(2014年10月20日 – 12月22日、フジテレビ) – 徳川家康 役。釣りバカ日誌〜新入社員 浜崎伝助〜(2015年10月23日 – 12月11日、テレビ東京) – 主演・浜崎伝助 役 など。CMでは、KDDI au「三太郎シリーズ」(2015年1月 – ) – 金太郎(金ちゃん)役を演じる。「2014年CM好感度ランキング」の男性部門で第2位。
黒柳朝 – 安田成美

2016y02m26d_222950481

安田成美 Official Web Site

※安田 成美(やすだ なるみ、1966年11月28日生まれ) 夫は木梨憲武(とんねるず)。1982年ドラマ『ホーム・スイート・ホーム』でドラマ初出演。1983年、『風の谷のナウシカ』のアニメ映画化にあたって募集されたイメージガールのオーディションで約7500人の中からグランプリを獲得。同タイトルで歌手デビュー。この愛に生きて (1994年、フジテレビ) – 主演・植草曙美 役。春よ、来い <第1部>(1994年、NHK連続テレビ小説) – 主演・高倉春希 役、ドク(1996年、フジテレビ) – 主演・長瀬雪 役。赤と黒のゲキジョー 前科ありの女たち(2014年、フジテレビ) – 主演・石神由紀子 役 など
飯沢匡 – 大森南朋

2016y02m26d_223517037

Apache Official Site – 大森南朋

※大森 南朋(おおもり なお、1972年2月19日生まれ)父は俳優・舞踏家の麿赤児。兄は映画監督の大森立嗣。1993年、映画『サザンウィンズ日本編 トウキョウゲーム』でデビュー。ハゲタカ(2007年、NHK)- 主演・鷲津政彦 役 第33回放送文化基金賞(2007年) – テレビドラマ部門出演者賞 エランドール賞(2008年) – 新人賞 第33回日本アカデミー賞(2010年) – 優秀主演男優賞 と「ハゲタカ」で大ブレイクする。龍馬伝(2010年、NHK大河ドラマ)- 武市半平太 役 など。
大岡龍男 – 武田鉄矢

2016y02m26d_224052384

武田鉄矢公式サイト

※武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年4月11日  )歌手・俳優・タレント・作詞家。フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダー。3年B組金八先生(1979年 – 2011年、TBS) – 主演・坂本金八(先生) 役、101回目のプロポーズ(1991年7月1日 – 9月16日、フジテレビ、【W主演:浅野温子】) – 主演・星野達郎 役。映画では刑事物語シリーズ(1982年 – 1987年、東宝) – 主演・片山元 役。プロゴルファー織部金次郎シリーズ(1993年 – 1998年、東映) – 主演・織部金次郎 役。など
黒柳守綱 – 吉田栄作

2016y02m26d_224552658

吉田栄作 – ワタナベエンターテインメントによる公式プロフィール


Sponsored Link

Sponsored Link

※吉田 栄作(よしだ えいさく、本名同じ、1969年1月3日生まれ)俳優、歌手。 元妻はモデルの平子理沙。NHK紅白歌合戦出場は2度出場。1988年に「ナイスガイ・コンテスト・イン・ジャパン」でのグランプリ。映画『ガラスの中の少女』でデビュー。主なテレビドラマ『もう誰も愛さない(1991年4月 – 6月) – 沢村卓也 役』『愛さずにいられない』『クリスマス・イブ』『徹底的に愛は…』『だんだん』など
沢村貞子 – 岸本加世子

2016y02m26d_225100049

岸本加世子 Official Website(公式サイト)

※岸本 加世子(きしもと かよこ、1960年12月29日 生まれ)主な作品テレビドラマ『ムー』『真夜中のヒーロー』『アナウンサーぷっつん物語』『だいすき!!』 CM 1980年代以降、富士写真フイルムでの樹木希林との掛け合い漫才、オリエントファイナンス、千葉真一と共演したトヨタ・カリーナ(3・4代目)などのコマーシャルでも人気を博した。映画『HANA-BI』『菊次郎の夏』『TAKESHIS’』他 北野武映画には5本も出演。北野作品の常連出演者。
森繁久彌 – 吉田鋼太郎

2016y02m26d_225453858

公式プロフィール – ホリプロ

※吉田 鋼太郎(よしだ こうたろう、1959年1月14日)半沢直樹 第2部(TBS、2013年8月 – 9月) – 内藤寛 役、MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜(TBS、2014年4月-) – 中神甚 役、連続テレビ小説「花子とアン」(NHK、2014年) – 嘉納伝助 役、ドラマ24「東京センチメンタル」(2016年1月 – 、テレビ東京) – 主演・久留里卓三 役 など。

坂本九…錦戸亮

※錦戸 亮(にしきど りょう、1984年11月3日 )俳優、タレント、歌手。関ジャニ∞のメンバー。、NEWSの元メンバー。ごめんね青春!(2014年10月12日 – 12月21日、TBS) – 原平助 役。サムライせんせい(2015年10月23日 – 12月12日、テレビ朝日) – 武市半平太 役など。

百歳の徹子さん…黒柳徹子

2016y04m24d_210432420
トットチャンネル(黒柳徹子公式ページ)
※黒柳 徹子(くろやなぎ てつこ、1933年(昭和8年)8月9日 – )は、日本の女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家。テレビ女優の第一号。また、テレビ誕生と同時に生まれた日本初のテレビタレントにして、テレビ創生期からテレビ番組のレギュラーを継続して持ち続けている唯一のタレント。「徹子の部屋」、「同一の司会者による番組の最多放送回数記録」としてギネス世界記録。戦後最大のベストセラーとなっている『窓ぎわのトットちゃん』の著者。世界・ふしぎ発見!(TBS、1986年4月 – ) – レギュラー解答者。

語り(パンダ)…小泉今日子

2016y04m24d_211019247
公式サイト
※小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日 -女性歌手・女優。(キョンキョン)の愛称で知られる。1982年3月「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。連続テレビ小説あまちゃん(2013年、NHK) – 天野春子 役など

[各回ゲスト]

新井浩文(永六輔)
2016y03m05d_111233013
所属事務所によるプロフィール

※ 新井 浩文(1979年1月18日生まれ)2001年、映画『GO』でデビュー。2002年、不良映画『青い春』で映画初主演、高崎映画祭最優秀新人男優賞を受 賞。開拓者たち(2012年1月1日 – 22日、NHK BSプレミアム) – 浅野速男 役 で知名度を上げる。ど根性ガエル(2015年7月 – 9月、日本テレビ) – ゴリライモ 役。下町ロケット(2015年10月 – 12月、TBS) – 富山敬治 役。真田丸(2016年、NHK) – 加藤清正 役で出演する。(第14回から登場)。毒島ゆり子のせきらら日記 (2016年4月-)小津翔太役で出演。

福田彩乃(里見京子)
2016y04m24d_212028121
福田彩乃 アミューズによるプロフィール
※福田 彩乃(ふくだ あやの、1988年9月18日 )女性タレント、ものまねタレント。『お願い!ランキングGOLD』で「人気ものまね芸人60人が本気で選んだ! スゴイと思うものまね芸人ランキング」ヤング部門で、2位。モノマネはローラ他 テレビドラマ まっしろ 第1,7話ゲスト(2015年1月期、TBS) – 野々村(安川)ひろみ 。 まれ(2015年) – 植田弥生など

菊池亜希子(横山道代)
2016y04m24d_212515579
オフィシャルページ
※菊池 亜希子(きくち あきこ、1982年8月26日 – )ファッションモデル、女優。問題のあるレストラン 第1話・第7話 – 第9話(2015年1月15日・2月26日 – 3月12日、フジテレビ) – 藤村五月 役など

小松和重(三木のり平)
2016y04m24d_212807866
大人計画による公式プロフィール
※小松 和重(こまつ かずしげ、1968年2月24日)俳優。ダメな私に恋してください(2016年、TBS) – 森努。ゆとりですがなにか(2016年、日本テレビ) – 太田学年主任 など

北村有起哉(ディレクター)
2016y04m24d_213428304
北村有起哉 – Yahoo!検索
※北村 有起哉(きたむら ゆきや、1974年4月29日 )俳優。父は俳優の北村和夫。妻は女優の高野志穂。、1998年、舞台『春のめざめ』と映画『カンゾー先生』でデビュー。TBS年末スペシャルドラマ「赤めだか」(2015年12月28日、TBS) – 立川談々 役 木曜時代劇『ちかえもん』(2016年1月 – 、NHK) – 竹本義太夫 役 怪盗 山猫(2016年1月 – 3月、日本テレビ) – 藤堂健一郎 役 など

坪倉由幸(植木等)
2016y04m24d_214046016
我が家 坪倉由幸
※坪倉 由幸(つぼくら よしゆき、1977年9月9日 )お笑いタレント。お笑いトリオ我が家の大ボケ担当。ヒルナンデス!(日本テレビ、2011年3月28日- )月曜レギュラー。

杉山裕之(ハナ肇)
2016y04m24d_214409631
コトバンク 杉山裕之
※杉山裕之(すぎやま ひろゆき) 1977年4月23日生。お笑いタレント。お笑いトリオ我が家 ツッコミ担当(一部のコントではボケ担当)。鼠、江戸を疾る(2014年1月9日 – 、NHK) – 太助 役など

谷田部俊(谷啓)
2016y04m24d_214652017
コトバンク 谷田部俊
※谷田部俊(やたべ しゅん) 1977年12月14日生。お笑いタレント。お笑いトリオ我が家 ボケ担当(ネタによっては大ボケ)。鼠、江戸を疾る(2014年1月9日 – 、NHK) – 喜作 役など

パトリック・ハーラン(EHエリック)
2016y04m24d_215332332
パックンマックン 公式プロフィール
※パトリック・ハーラン(Patrick Harlan, 1970年11月14日 )お笑い芸人。お笑いコンビ「パックンマックン」俳優。声優。1993年にハーバード大学(比較宗教学専攻)卒業 2008年より、相模女子大学の客員教授 2012年東京工業大学のリベラルアーツセンターの非常勤講師 あさチャン!(2016年3月28日 – 、TBS) – コメンテーター。

 

内田慈(森繁久彌近くの女優)
2016y04m24d_224810491
内田慈 – 吉住モータース
※内田 慈(うちだ ちか、1983年3月12日 女優。映画 ロストパラダイス・イン・トーキョー(2010年9月18日、SPOTTED PRODUCTIONS) – 主演・西村聡子 役 テレビドラマ 連続テレビ小説「まれ」(2015年3月 – 9月、NHK) – 京極ミズハ 役 など

(「スリーバブルス」メンバーの3人)
高橋愛
2016y04m24d_224442259
高橋愛 (アップフロントクリエイト)
※高橋 愛(たかはし あい、1986年9月14日 )歌手、女優であり、女性アイドルグループ・女性ダンス&ボーカルグループのモーニング娘。の元メンバー。夫はお笑いタレントのあべこうじ。

田中れいな
2016y04m24d_225048970
田中れいなオフィシャルブログ「田中れいなのおつかれいなー」 – Ameba Blog
※田中 れいな(たなか れいな、1989年11月11日 歌手、アイドル。LoVendoЯのボーカルおよびリーダー。ハロー!プロジェクトおよびモーニング娘。(第6期)の元メンバー。数学♥女子学園(2012年1月11日 – 3月28日、日本テレビ) – 町田ニーナ 役(主演)など

久住小春
2016y04m24d_230247062
公式ウェブサイト
※久住 小春(くすみ こはる、1992年7月15日 )タレント、歌手、およびファッションモデル。女性アイドルグループ「モーニング娘。」の一員(第7期)としての活動(2005年 – 2009年)を経て、同グループ卒業後には「ドリームモーニング娘。」の一員としても活動、のち、ファッションモデルに転身。発足!ギャル内閣(2014年1月 – 3月、チバテレビ) – 主演・大和シン 役 アゲイン!!(2014年7月21日 – 9月22日、毎日放送) – 安部珠貴 役など

elfin’(スパークス)
2016y04m24d_230503902
elfin’〈エルフィン〉|ポニーキャニオン
※elfin’(エルフィン)は、辻美優、花房里枝、高橋美衣による日本の女性声優ユニット。第一回全日本美声女コンテストでグランプリ・準グランプリを受賞した3人によって結成されたユニット。
辻美優
1996年7月6日生まれ、東京都出身。愛称はみゆみゆ。イメージカラーは緑。
高橋美衣
1998年3月28日生まれ、東京都出身。愛称はみいたん。イメージカラーは赤。
花房里枝
1996年4月28日生まれ、東京都出身。愛称はフラワー。イメージカラーは青。

青木崇高(篠山紀信)
2016y04m24d_230908821
青木崇高 – スターダストプロモーション
※青木 崇高(あおき むねたか、1980年3月14日 )俳優。2002年に映画『マッスルヒート』でデビュー。2006年、NHK土曜ドラマ『繋がれた明日』で初主演。大河ドラマ(NHK)平清盛(2012年) – 鬼若→弁慶 役 木曜時代劇「ちかえもん」(2016年1月14日 – 3月3日、NHK) – 主演・万吉  99.9 -刑事専門弁護士-(2016年4月 – 、TBS) – 丸川貴久役 など

木野花(行商のおばさん)
2016y04m24d_231140729
木野花 – 吉住モータース
※木野 花(きの はな、本名;木野目 留美子、1948年1月8日 )女優及び演出家。あまちゃん(2013年) – 長内かつ枝(メガネ会計ばばあ)ウルトラマンギンガ(2013年) – 白井杏子 ドクター調査班〜医療事故の闇を暴け〜(2016年) – 華岡育世役など
ほか

【挿入歌】
「買い物ブギ」(第1回) 歌:中納良恵(EGO-WRAPPIN’)
「上を向いて歩こう」(第2回) 歌:錦戸亮
「スーダラ節」(第3回) 歌:トットてれびオールキャスト ほか

 


作品の見どころと期待の声 視聴者・コメントより

teikさんより

黒柳徹子さんのエッセイをドラマ化した作品です。放送開始以来40年を迎える「徹子の部屋」では,独特のキャラクターで笑いを誘いなつつも,ゲストの本音を引き出します。大ベテランにもかかわらず,そんなオーラは微塵も感じさせません。また,「世界・ふしぎ発見!」では,あらゆるジャンルにおいての博識ぶりを披露しております。82歳とは思えないほど元気でお綺麗な徹子さん。未だに精力的に仕事を続けている徹子さんの秘密を垣間見ることができそうな作品です。主演の黒柳徹子役は満島ひかりさん,ほか渥美清を中村獅童さん,森繁久彌を吉田鋼太郎さんなど,実在した人物が多数出演します。それらの人たちを演じる俳優陣の演技にも注目です。

第1話 あらすじ

昭和28年、徹子(満島ひかり)は、NHKがテレビ放送開始のため専属俳優を募集していると知り受験する。試験は失敗続きだったが、なぜか合格。新人の徹子はラジオやテレビの番組にエキストラとして出演するが、目立ち過ぎて叱られてばかり。伊集院(濱田岳)から「個性が邪魔だ」と言われる。そんな徹子に転機が訪れる。新しい放送劇のオーディションを受けた徹子に、劇作家・飯沢(大森南朋)は意外なひとことを・・・。

 

namiさんより

今シーズンのドラマの中で一番楽しみにしていたドラマです。30分はあっという間でした。なんと言っても満島ひかりのトットちゃんが可愛い!若かりし日の黒柳さんそのままです。話し方とか歩き方とか昔の黒柳さんを知らないけれど、黒柳さんっぽいっと思ってしまう。これって満島さんの演技がすごいってことですよね。また、ドラマがロケではなくセットで撮影されているところが昭和感があっていいですね。また、脇をかためる共演者が渥美清や森繁久弥など豪華でこれからどう展開していくのか楽しみです。でも自分が一番好きなのは濱田岳さん演じる伊集院ディレクター。トットちゃんの行動に振り回される岳君が可愛いんです。釣りバカのハマちゃんを思い出しました。このドラマ、出来ることならシリーズ化してほしいくらいです。

 

第2話 あらすじ

徹子(満島ひかり)は、始まったばかりのテレビの現場で、森繁久彌(吉田鋼太郎)や渥美清(中村獅童)と出会う。徹子と渥美は会えばケンカを繰り返していた。徹子は紅白歌合戦の司会者に抜てきされ、歌手がなかなか現れない混乱の中、度胸満点の司会ぶりを披露する。カラー放送も始まり、寝る暇もないほど忙しくなった徹子は、ある日過労のためスタジオで倒れてしまう。入院した徹子は、病室でテレビを見てショックを受ける。

hagejiさんより

今回はトットちゃんの芸能人として人気者になるが故の苦悩が描かれた回に感じました。仕事が軌道に乗ってきて自分がNHKになくてはならない存在であると確信していたトットちゃんにとって、過労で倒れた折に観た、自分がいなくても恙無く放送される番組の様子はショックだったと思います。そんなトットちゃんの心の支えになっていたのが幼い頃のヤスアキちゃんとの思い出なんですね。トットちゃんとヤスアキちゃん、2人とも可愛かったですね。きっとトットちゃんが女優、黒柳徹子として芸能界で成功を収められたのはその思い出を大切にしてきたからなのだと思います。番組の最後で坂本九を演じた錦戸亮くんが「上を向いて歩こう」を歌うんですがこれがまあお上手で。こう言ったらアレだけどあんな昭和感溢れる名曲をまるでアイドルソングのように歌い上げるあの甘くセクシーな声には惚れ惚れいたしました。

第3話 あらすじ

徹子(満島ひかり)は、バラエティー「夢であいましょう」、ドラマ「若い季節」という2つの生番組でレギュラーとして活躍。共演者の渥美清(中村獅童)や坂本九(錦戸亮)と親しくなる。生ドラマにはハプニングがつきもの。ある日の「若い季節」では、放送が始まるとすぐセットが壊れたり、脚本が遅いため出演者がセリフを憶えていなかったりで大混乱。徹子は持ち前の機転と早口で、放送中止の危機を救うことができるのか?

yumiriさんより

このドラマ、私はほぼドキュメントとして見ています。そして自分の中でもかなり古いリアルなテレビの記憶が呼び覚まされるドラマです。「夢であいましょう」、私を寝かしつけた両親が楽しみにしていた番組と聞いています。「若い季節」、このドラマのテーマソングはよく覚えています。満島さんの話し方は徹子さんの話し方にかなり忠実で、早口なのに上品な趣があって好感がもてます。テレビもそれに出ている俳優、コメディアンも実験的な試みにその場で対応していて、瞬発力があって、それでもなんとなくのんびり感があります。今回は拾ってきた仔犬にくぎ付けになってしまいました。

第4話 あらすじ

NHKを辞めフリーになった徹子(満島ひかり)は、脚本家・向田邦子(ミムラ)に、一度ゆっくり休みたいと打ち明ける。休養宣言をした徹子に、NHKの朝ドラ「繭子ひとり」の仕事がくる。徹子の役は青森から上京して家族のため必死に働くおばさん・田口ケイ。役作りに打ち込む徹子。独特のメイクと衣装で田口ケイは大人気に。そして徹子はニューヨークへ旅立つ。ニューヨークで、トレードマークとなるタマネギヘアーが完成する。

mariさんより

満島ひかりさんが演じる黒柳徹子さんの話し方、雰囲気がとても本人それにいるような感覚に陥るような演技で吸い込まれてしまいました。自由奔放に自分の思いのまま人生を歩む黒柳徹子さん、本当に素敵だなと思いました。途中では16年ぶりの三浦大知さんとの共演も鳥肌が立ちました。徹子さんのトレードマークであるたまねぎヘアーも満島ひかりさんの再現がリアルで歌も上手いのでチャップリンとの世界に吸い込まれてしまいました。三浦大知さんが敬愛するダンサーのS**T KINGSというダンスグループも出演しており、ダンス最中は画面から目が離せないほどのカッコいい演出でワクワクしました。

第5話 あらすじ

徹子は、脚本家・向田邦子のアパートに毎日入りびたっていた。たわいない会話をしながら邦子の手料理を食べる時間は、2人にとって大切な時間だった。時は流れ、邦子は初めて書いた短編小説で直木賞を受賞。徹子は祝賀パーティで司会を務めた。邦子は「おばあさんになった徹子さんを書いてみたい」と言う。しかし翌年、邦子は飛行機事故で世を去る。青春の一時期をともに過ごした2人の出会いから別れまでを描く。

yumiriさんより

黒柳さんと向田さんの交流のことはしらなかったので、とても興味深く、楽しい回だった。向田さんの部屋があってそこ継地点のようにして黒柳さんは自分の時間を持っていたのだな、と思う。有名な留守番電話のメッセージもミムラさんが本人であるかのように忠実に再現していて素晴らしかったと思う。

そしてちらっとしか写っていなかったが、ステージ101の収録シーンもあり、子どものころに大好きな番組だったのでうれしかった。森繁さんをキーパーソンに2人がつながっているのも興味深い。おばあさんになった黒柳さんのことを描いた作品を向田さんが書けなかったのがとても惜しい。

第6話 あらすじ

徹子(満島ひかり)と渥美清(中村獅童)は顔を合わせればケンカを繰り返していた。しかし浅草育ちの渥美が慣れないテレビの世界で悪戦苦闘する姿を見て、徹子は親しみを覚える。「夢であいましょう」で息の合ったコントを演じる2人の仲は噂になり、マスコミにも書きたてられる。渥美が「寅さん」で大スターになってからも2人の交流は変わらなかった。「兄ちゃん」「お嬢さん」と呼び合った2人の、出会いから別れまでを描く。

yumiriさんより

森繁さんとのエピソードに続き、今週は渥美清さんとのなれそめから死別まで。生まれ育った環境もその後の活躍の場も違っていた二人が新しいメディアであるテレビ番組を通じて友情を深めていくが、渥美は徹子さんと呼ばずに終始「おじょうさん」と読んでいた。そこに2人のひとつ踏み込めない溝があったのかもしれない。亡くなるまで住んでいるところも秘密にしていた渥美。トットに対して本当に心を開いていたのだろうか?細やかな心を持った渥美が本当のところ、シャイで本心を言いだせなかったのだと思いたい。この番組を見ていると「もうこんな人は二度と現れないだろうな」と思わせる素敵な人がたくさん描かれている。

bennosuさんより

寅さんでしたねぇ。私が幼いころ今は亡き祖父とお正月には寅さんを見に行ってたのを思い出しましたよ。もうほんとに徹子の人生濃厚ですよね。何人の人生を生きてるんだって感じ。獅童=寅さんは思ったより有りだったかな。今の若い人たちと昭和初期生まれとは骨格が違っちゃってて若い人の方が顎の線が細いから見た目違和感があるんだけど、獅童はゴリっぽいので昭和チックでした。だからこそひかりちゃんの演技さすがです。ちゃっんと老けていってる感出てましたよね。

第7話 あらすじ

徹子(黒柳徹子)にとって森繁久彌(吉田鋼太郎)の第一印象は「ちょっとエッチなおじさん」だった。森繁は大事なシーンでもセリフを憶えず、大胆なカンニングをして徹子をあきれさせる。しかしその圧倒的な演技力に徹子は感動する。時は流れ88歳になった森繁は「徹子の部屋」に出演する。やる気のない森繁を見かねた徹子は「こんな森繁さん見たくない」と叱る。「テレビの同期生」徹子と森繁の半世紀にわたる交流を描く。

oshigotosuさんより

早口な口調で玉ねぎ頭や濃いアイメイクをした満島ひかりさんが、本当に黒柳徹子さんに見えるくらいピッタリはまってました。「徹子の部屋」の第一回ゲストだった森繁久彌さんが歌うシーンでは、瞬き一つせずじっと見つめて泣くシーンが印象的でした。最後まで古き良き昭和時代のノスタルジックを感じさせる、笑いを織り交ぜた心温まるエピソードが満載で、時にはホロリと時にはクスリと楽しめました。またいつかトットちゃんに会いたいです。

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y02m18d_152722230

    2016.春ドラマ

    世界一難しい恋 キャストとあらすじと感想 大野智 主演ドラマ

    世界一難しい恋2016年4月13日 22時 放送スタート 毎週水曜…

  2. 2016y02m29d_233620182
  3. 2016y03m02d_220108215
  4. 2016y02m28d_230503310
  5. 2016y03m13d_230302906
  6. 2016y02m27d_181029483

    2016.春ドラマ

    2016 春ドラマ おすすめ一覧 投票有 ランキング

    2016年 春ドラマの一覧です。3月から放送開始のものも一覧に入れてあ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
  1. 2017y02m21d_232428810

    2017.春ドラマ

    この世にたやすい仕事はない ドラマ キャスト 原作:ネタバレ あらすじと感想
  2. 2017y02m16d_222008477

    2017.春ドラマ

    リバース ドラマ 原作:湊かなえ ネタバレ キャストとあらすじ 感想
  3. 2016y08m26d_092244683

    2016.秋ドラマ

    家政夫のミタゾノ 1話・2話・3話・4話・5/6/7/8話 あらすじと感想
  4. 2016y03m08d_141557723

    2016.春ドラマ

    早子先生、結婚するって本当ですか? あらすじ・キャスト・感想 松下奈緒主演ドラマ…
  5. 2017y01m01d_003054257

    お笑い

    お笑い名人寄席 2017 出演者
PAGE TOP