2016y02m11d_202040407

カンブリア宮殿

金井啓修 有馬温泉 御所坊の15代目で観光カリスマ  カンブリア宮殿


Sponsored Link

Sponsored Link

金井啓修 プロフィールと経歴

1955年兵庫県有馬温泉「陶泉御所坊」15代目として生まれる。当初は旅館を継ぐことは考えていなかったそう。辻調理師専門学校卒業後、北海道定山渓温泉にて修行。その時、十和田湖のレストランでおいしいピザ屋の主人が「都会から人を呼べる店にしたい」と話されたたことに共感し、有馬に多く残る空き地を使って何かできないかとのアイデアが湧き出し、1977年有馬に帰郷する。観光協会青年部を設立し活性化に取り組みはじめる。

 

1981年当時26歳の若さで(株)御所坊代表取締役に就任し、15代目 金井四郎兵衛 襲名。 有馬温泉内に「陶泉 御所坊」「ホテル花小宿」「有馬山叢 御所別墅」「旅湯アブリーゴ」香美町に「オーベルジュ花郷里」と宿泊施設を5施設。また、1997年ギャラリーレティーロドウロを開き 1999年 ホテル「花小宿(はなこやど)」開業 2001年 農業法人「グリーンパパ」設立 2003年 有馬玩具博物館開館と手がけた店舗は多業種にわたる。空き店舗利用した飲食店の経営や有馬サイダーの復活など、まちづくりの牽引役も努め国土交通省の観光カリスマや内閣官房の地域活性化伝道師に任命される

 

観光カリスマ

観光カリスマとは 国土交通省が中心となり日本の地域観光振興を目的に、特色のある観光地づくりに貢献した人々を選定したもの。金井啓修さんは観光カリスマに選ばれた一人。


Sponsored Link

Sponsored Link

金井啓修さんの観光カリスマ選定理由

個人客をターゲットとした個性的な宿づくりに成功したばかりではなく、まちづくり全体を考えた集客の仕掛けづくりに取り組み、有馬の住民が温泉観光をまちづくりとあわせて考えようとする意識改革に大きく貢献した。

 

●個性的な宿づくり

多くの旅館では1980年代後半のバブル景気期に大型化・効率的経営が進められていたが、金井氏は、昭和初期の木造建築を残しつつ、「御所坊」の改造を進めることに固守した。 個人客に特化した客室に改造し、個人客の心を捉え、多くのリピータが訪れるようになった。

●日本の多くの温泉旅館の玄関口の役割

国際空港からでは、有馬温泉が近いため、観光都市・神戸の地において、外国人客を案内できる日本情緒あるスポットづくりを目指した。

●空き店舗再生事業によるまちの活性化
1999年頃、有馬のまちにも空き店舗が目立ち、有馬のまちを活性化することを目的として、金井氏が中心となり、合資会社「有馬八助商店」を設立した。
「有馬八助商店」では、空き店舗に天ぷら屋「有馬市」やラーメン屋「有馬ラー麺青龍居」を開業し、同時に地域の雇用も生み出す。有馬ループバスは、多くの観光客に利用され好評。運賃収入で、運営費用の不足の25%を補うため、有馬旅館協同組合と協力し、有馬の代表的なお土産品である炭酸煎餅とループバスを掛け合わせた「ループバス炭酸せんべい」を有馬八助商店の企画で販売し、その売上の一部をバス運行経費の負担に充てた。こういった共同で商品を販売、企画し、ループバスを運営するといった継続的な事業を行っている。

 

●「モノ」を作る人々が集まるまちに
(1)ギャラリー・レティーロ・ドォロ

明治21年築の土蔵の外観をそのまま活かしつつ、民芸調になりがちな土蔵のイメージを一掃する等の改造をして、ギャラリーを開設。

(2)サンタクロースの楽屋裏ギャラリー「加藤祐三のおもちゃ箱」

グリコのおまけで有名な加藤祐三氏。生前、加藤氏がデザインしたお菓子のおまけの玩具が展示され、また、作業に使っていた道具がそのまま残されており、夢溢れるアトリエの雰囲気が再現している。

(3)有馬玩具博物館

からくり人形作家の西田昭夫氏、おもちゃ作家の故・加藤裕三氏、金井啓修氏 3人の5年間に及ぶ構想の末、2003年に、ブリキや木工の玩具、それから1,300点以上のからくり人形などを中心とした動く玩具を展示する博物館を開館。

金井啓氏の詳しい貢献した業績は観光カリスマの方に詳しく掲載されています。

観光カリスマ 金井 啓修(かない ひろのぶ) 国土交通省 観光庁

 

有馬温泉

日本でも有名な温泉、有馬温泉。、兵庫県神戸市北区有馬町にある温泉。日本三古湯の一つ。〈他の2つは道後温泉(愛媛県)、白浜温泉(和歌山県)〉

また、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられる。古くは日本書紀に631年に舒明天皇が約 3か月滞在したことが記されている。足利義稙は中風の湯治のために滞在。豊臣秀吉は有馬を愛し何度も訪れ、更に温泉や周辺の改修を行っており、今でも地名に太閤○○と言う所が残っている。江戸時代の温泉番付では当時の最高位である西大関に格付けされた。名実ともに日本を代表する名泉の一つである。

 

「陶泉 御所坊」と名前の由来

800年以上も続く、老舗温泉旅館。
御所坊は建久二年(1191年)創業。当初、御所坊は温泉の湯殿の脇に店を構え、「湯口屋」と呼ばれていた。九条家が湯泉神社とともに運営していたと建武三年(1337年)の九条家政所の注進状に記録されている。

4世紀末、足利義満が有馬温泉を訪れた際に御所坊の前身、湯口屋に逗留したようで、この逗留を期に、湯口屋は「御所」と呼ばれるようになった。室町幕府6代将軍足利義教や同8代将軍足利義政に仕えた相国寺第50世住持の瑞渓周鳳は、享徳元年(1452 年)四月に有馬を訪れ、日記の中に、この「御所」の由来について記している。文明15年(1483年)8月、蓮如上人が御所へ逗留した。この頃、御所の名前に「坊」がついたようだ。

御所坊の歴史については 御所坊の歴史 に詳しく記載されています。

2016y02m11d_202040407

陶泉 御所坊

 

カンブリア宮殿

【温泉街を変えた老舗宿のアイデア主人!地域の個性で客をつかめ!】
2016年2月18日(木) 22時30分~ テレビ東京の放送で 御所坊 主人 金井啓修 さんが紹介されます。

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2016y01m14d_180516658

    カンブリア宮殿

    島精機製作所 社長 島正博 ニット / カンブリア宮殿

    島精機製作所 概要島精機製作所は和歌山県和歌山市のニット機械製造・…

  2. 2015y10m20d_151721968

    ドキュメンタリー

    木村秋則 りんご農家  仕事の流儀×岡村隆史

    仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史2015年1…

  3. 2015y11m30d_223142083

    ドキュメンタリー

    小山明・博久兄弟 「神の手を持つ」自動車整備士 プロフェッショナル

    「神の手を持つ自動車整備士」広島の小さな自動車整備工場「小山自動車…

  4. 2016y01m28d_150839725

    カンブリア宮殿

    ピーターパン パン屋 メロンパンギネス記録 横手和彦社長 / カンブリア宮殿

    ピーターパン(オーブンフレッシュベーカリー)千葉県船橋市を…

  5. 2015y09m26d_120151926

    ガイアの夜明け

    「たんす屋」リサイクルきものショップ 中村健一社長 がっちりマンデー/ガイアの夜明け 

    がっちりマンデー!! ピンチの中にこそチャンスあり!「儲かる斜陽産業ス…

  6. 2015y12m06d_121426091

    クロスロード

    ミニチュアドールハウス作家 河合行雄 クロスロード

    ミニチュアドールハウス作家 河合行雄(66歳)東京都荒川区でドール…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP