2015y10m23d_173313311

ドキュメンタリー

丸武産業 甲冑販売・レンタル 夢織人


Sponsored Link

Sponsored Link

第32回 11月7日(土)放送/BSジャパン11月12日(木)放送

時代劇を支える凄腕の職人集団

日本一の甲冑工房、丸武産業。黒澤明監督の作品の『乱』では1400領もの甲冑を納めるなど、時代劇や時代祭などで使われる鎧兜を一手に引き受けている丸武産業。

なぜ甲冑製造に乗り出したのか?そして、甲冑をつくるだけではなくある事業にも進出その新事業とは?今回丸武産業をクリエーターとして訪れたのは「美人すぎる書道家」涼風花(りょう ふうか)さん。書道パフォーマンスでこの会社にふさわしい文字を書いてもらいました。一体どんな文字を選んだのでしょうか?

(番組案内より)


Sponsored Link

Sponsored Link

甲冑の数え方

1400領もの甲冑とありますが、そもそも領って何? 甲冑や鎧、武具の数え方が、【甲冑】【鎧】【武具】の数え方が『領』とよぶそうですす。

詳しく書きますと

【甲冑】
領(りょう)、着、点、具

甲冑は「領」「着」。 1りょう2りょう。
武具として数える場合は「1点、2点」。
「具」は備えるもの、ひとそろいの用具を表す。
【鎧】
領、領(くだり)、着

鎧は装束などと同じ「領」で数えます。
【武具】
領、着、点、具

甲冑は「領」「着」で数えます。

 

甲冑の意味は?

「こうちゅう(かふちう)の変化した語)」鎧兜具足の事。

 甲冑を何に使う?

時代劇の撮影に使うのはわかるのですが、他に何に使うのでしょうか。そんなに需要があるのでしょうか?と疑問に思った方も多いかとおもいます。

●稚児鎧といって七五三や端午の節句に贈り物としてあるようです。実際装着することが可能です。衣装一式あります。

●時代劇祭りなどでの使用。

 

レンタル・リース

●撮影やイベント用にレンタルやリースで貸し出すというもの。特にここ数年多いのはウエディングに使うというものその名も「甲冑ウエディング」たしかにこれで登場だとみんなびっくりするでしょうね。で女性はどんな服装?角隠しなのでしょうか?

 

しかし、なんでも鑑定団でもよくあるのですが、男の人の骨董好きな人は多いですよね。この甲冑も趣味で持っている方も多いかもしれません。骨董、観賞用と実際着用用のオリジナル甲冑など。鑑定団ではよく刀が出ては来ますけどね。

ちなみに2016年の大河ドラマは「真田丸」。主演の真田信繁(通称:幸村)役は堺雅人さん。いまから楽しみですね。

それにちなんでか、丸武産業では 「真田幸村」新作鎧を2015年10月1日より販売開始!予約受付開始しました。

詳しくは公式サイトにてご確認ください。

2015y10m23d_173313311
丸武産業公式サイト

 

Sponsored Link

Sponsored Link Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

  1. 2015y10m20d_151721968

    ドキュメンタリー

    木村秋則 りんご農家  仕事の流儀×岡村隆史

    仕事の流儀▽10周年SP プロフェッショナル×岡村隆史2015年1…

  2. 2015y11m01d_214702013

    ドキュメンタリー

    石原和幸 (庭園デザイナー・庭師) 夢の扉+

    夢の扉+2015年11月8日(日) 18時30分~英女王も絶賛…

  3. 2015y11m10d_164128592

    ドキュメンタリー

    まちだシルクメロン 林大輔 ~常識破りのメロン作り 夢の扉+

    夢の扉+中井貴一▼不況にあえぐ町工場に“希望の光”~常識破りのメロン作…

  4. 2015y10m24d_204158489

    ドキュメンタリー

    増田宗昭 仕事の流儀 (名言・インタビュー・経歴・資産等)

    プロフェッショナル 仕事の流儀第279回 10月19日(月) 午後…

  5. 2015y11m11d_135803347

    ドキュメンタリー

    曳家(ひきや) 我妻組 石川憲太郎 「弘前城天守」 仕事の流儀

    プロフェッショナル 仕事の流儀「曳家(ひきや)職人・石川憲太郎」2…

  6. 2015y11m15d_224710579

    ドキュメンタリー

    人工流れ星プロジェクト ALE社長 岡島礼奈 プロフィール 経歴

    夢の扉+ 2015年11月22日放送 にALE の取り組みが取り上げら…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


Sponsored Link
PAGE TOP